2020年11月07日

恋愛用心

新潟県 「 Go To Eat 」 キャンペーン (お食事券) ご利用可能登録店です

00年 携帯電話にメール機能が備わったころ、こんな話を耳にした。

20代の女性会社員が、取引先の40代の男性会社員から、食事に誘われたという。
警戒心もなく、断る理由もなかったので、気軽に食事をして別れた。
ここで終わればよかったが、若い女性と過ごせた男性はのぼせてしまい、交換したばかりのアドレスに恋文めいたメールを続けざまに送信した。

翌朝、彼女は意に関せず、一般的なお礼の返信にとどめたが、暫くは毎晩のように情熱的なメールが届くようになった。
それまでのつきあいで、根が真面目な人とわかっていたので、相手は次第に冷静さを取り戻したもの、もしも、彼女が仕事や失恋で精神が不安定になっているとき、結ばれてしまったら、どうしたものやら。

女性と食事をしただけなのに、こう取り乱すようでは、二人きりになったら、どうするつもりだったのか。
男性に恋愛経験が少ない分 「不足が招いた」 ケース。
誠実と情熱は紙一重に思うが、女の都合ではじまるのが恋愛だとしたら、男の都合だけではじまるのはストーカーで、それを運命だと解釈すると、話しがどんどんこじれてくる。

恋愛を語れる経験はないが 「相手はどんな恋愛をしてきたか」 少し用心は必要かもね。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする