2020年10月30日

出会う顔

新潟県 「 Go To Eat 」 キャンペーン (お食事券) ご利用可能登録店です

29日 空気の澄んだ午後。

買い出しは少量なので、時間配分を気にすることなく、気軽に徒歩で外出する。
萬代橋を歩道橋にして、万代と古町を往来する日も多い。
相変わらず、万代では 「マスター」 古町では 「さん」 「ちゃん」 と、街で呼び名も変わる。
令和にして、昭和と平成のはざまを感じる。

近年、街中で 「出会う顔」 も少なくなり、皆はどこへ消えたのだろうか。
生活や仕事の変化、体調や気力の変化、金銭不安により、時間や出費を抑えるようになる。
子供のころ、バットとグローブ、ボールを握って空き地へ行っても、だれもいなかったような空気。
仕方ないから、壁を相手にボールを当て、日暮れを背にして、肉まんを買い食いして帰る気持ち。

人間関係の多くは単なる知人であり、そうそう気安く友だちとは呼べない。
顔なじみも、店を通じた出会いなので、もし店を廃業すれば、関係は消滅すると思っている。
傍目には、人間関係が充実しているように見えても、期限つきの 「狭い世界」 で暮らしているもの。
それでも、変わらずにつきあえるのが進化であって、基本は 「人は人、俺は俺」 だからね。

社会人である以上、形式上のつきあいもある。
だが、だれと親しくするかは、親しくできる人と自然に親しくなれるもの。
別に肩ひじ張ることなく、気軽さを寄せ合う関係の中に、心地の良いつきあいが生まれると思う。
人間同士って、そんなもんである。

日常の気軽さの中にこそ 「満足感」 があるんだろうね。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする