2020年10月06日

無題雑記 250

「千里の道も一歩から」 と言われるほど、スマホの操作を習得中。

仕事であれば、四の五の言わずに早く覚えるが、私生活の利便でしかないので、イラつかず、焦らず、自分のペースでのんびりと覚えている。
自身、SNSはしないので、日常の操作に終始するも、使用方法には 「こだわり」 を持っている。
その前に 「こだわり」 は 「粘着的な気質」 に結びつけられるため、いい意味には思われないけど、僕のこだわりはそこではない。

社会通念上 「歩きスマホはしない」 「使い場所をわきまえる」 その程度。
説教じみたことは言わず 「人はしているけど、俺はしないよ」 でしかない。
いい大人が、スーツ姿で電車の中でマンガ本を読んでいたり、雑誌の袋とじの頁を破って眺める姿は、一頃の 「ポケモンGO」 と類似した姿を思い起こす。
それで 「人から遅れている」 といわれても  「追いつこうとしていない」 から、流行と無縁でいられる。

「こだわり」 とは 「俺はこうなんだ」 というもので、ストレス対策にも役立つからね。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする