2020年10月02日

秋の到来

今年も残すところ、3ヶ月。
コロナ禍の影響で、風物行事が中止となり、あるべき春夏秋冬を感じられない。

秋は好きな季節である。
街を歩けば、秋桜を見かけ、キンモクセイの香りを嗅ぐと、秋の到来を思わせる。

空は高く見えて、時おり鰯雲が広がり、黄昏が街を黄金色に染めて夕闇が迫る。
夜になりかける時間、秋の乾いた風の中に、どこか懐かしい匂いが混じりだす。

道すがらの情景が、身にしむこの頃。
ひと月もたてば、足もとには枯れ葉が舞い、次第に道行く人達の背中も丸まるだろう。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする