2020年09月15日

石破潰し

新総裁は 「菅 義偉」 に決定した。
地味な表情に心細さを感じるが、人は見た目ではないからね。

コロナ禍における、政治の空白は許されないため、今は変化よりも前安倍政権の継承を優先したのは妥当かと思える。
本当の意味では、任期満了となる来年の総選挙だろうが、自民党は相違があっても、最後は一致団結する強みは日本中が認めるところ。

個人的には、与野党は別に 「石破 茂」 に興味がある。
一過去、新潟一区 「石崎 徹」 は石破派の所属だったが、会派を脱退して、無派閥になった途端に、秘書への恫喝問題をおこして、実質上の政治生命を絶たれた。
形勢不利と判断したのか、今回は菅に地方票を投じたから、頑固と優柔不断さが目に余る。

男は権力への執着が高く、その行方には敏感だ。
時の権力者を嗅ぎ分けて、功利計算をして取り入ろうとする。
彼が石破に一票を投じたら 「まだ見所あるな」 と思ったが、自分を認めて面倒を見てくれた人にまで、手のひらを返す態度を示した。

今回、4回目の落選をした、石破は最下位。
「石破潰し」 とも思える票の行方だったが、本流の圧力で石破派は冷や飯を食わされて、派閥が崩壊しなければいいが。

来年の新総裁選挙は、クレバーな候補者、いわゆる隠し球候補も現れるだろうが、5度目の挑戦をしてほしい 「石破茂の胆力」 如何に。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする