2020年08月17日

無題雑記 241

16日 「八千代橋」 西岸で合流した3人で、一路 「護国神社」 まで散歩した。

例年の今日なら 「万燈みたま祭り」 の最終日。
今年は中止のため、厳かな参道を抜けて、清らかな境内で、二礼二拍一礼を済ませた。

同行の女友達が柏手を打った後、長く真剣に合掌していたので、心の声を聞いてみた。
すると願い事の後 「神様に住所と氏名をお伝えしないと、どこのだれかわからない」 という信心深さ。
それを聞いて 「俺は魂をこめてねえなあ」 と、信心の足りなさを自覚。

楽しみはこの後で、予約してある居酒屋でもう2人と合流し、5人で納涼会。
皆一様に、お盆期間は仕事で、旅行や行楽にも行かず、近場で適度な会食を楽しんだとか。
手前味噌だが、酒の飲み方は 「有段者揃い」 で、安心して飲めて語り合える集まり。

年内、また集まることを予定して、万代バスセンターでそれぞれの路線で解散。
まるで、学生時代の仲間と交差点で 「またな」 と別れたときのような感覚。

コロナ禍に用心しながら、退屈ではない人生に、身も心を適度に開放している。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする