2020年07月13日

Danger Close

5日 午後23時20分 只今帰宅。
映画 「デンジャー・クロース」 が、レイトショーに変更となったので 「Tジョイ」 で鑑賞してきた。

物語は、66年 「オーストラリア軍」 の視点から見た、ベトナム戦争。
米国との同盟国である豪州がベトナムに侵攻し、ベトナム解放軍と至近距離で熾烈な戦いを描く。
その兵力、豪州軍108人に対し、ベトナム軍2000人ともいわれ、女も兵隊に駆り出された。
ベトナム軍は 「ゲリラ的な地上戦を得意」 とするため、正攻法では勝ち目のない戦況は予想できる。

個人的に、ベトナム戦争を題材にした映画は、メル・ギブソン主演 「ワンス・フォー・エバー」 以来。
両作品 「最前線に立つ恐怖」 が描かれ、戦争の狂気と苦悩、戦場の怖さや悲惨さが伝わる。
とかく、戦争映画は戦闘場面で評価されがちだが、これは娯楽映画ではなく 「実話映画」 であること。
永遠に 「不戦の誓い」 をした日本人は、歴史の背景も重ね合わせて、大局的に見るべき作品。

戦争とは、権力の傲慢を許す 「中枢の犬」 が始め、犠牲になるのは 「決まって若者」 なんだ。
時代が少し違えば、徴兵制、志願兵問わず 「俺も戦地に投入された」 から、他人事ではないこと。
大事なのは、どういう視点で戦争映画を見るか、これが 「作品を読み解く視座」 になると思われる。
終戦後、両国はどちらも勝利を主張したが、実行支配はあっても、兵隊に勝ちも負けもないんだ。

前回鑑賞した、新作 「ランボー」 とは異なり、戦地においては 「だれも主役になれない」 こと。

  
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Cinema Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする