2020年07月07日

小池圧勝

東京都知事選挙は 「小池百合子」 が圧勝し、再任された。

都民は、改革派ではなく、保守派を選択した。
このコロナ禍では、不安がうごめいて、だれが何を主張しても、心に響かないだろう。

それに、得体の知れない泡沫候補が、作為的に騒げば騒ぐほど、小池有利となった。
このタイミングで、週刊誌の意図的なゴシップ記事も、逆に小池本人を有利に後押しした。

そのため、より一層、保守がまともに見えて、結果は 「現状維持」 が望まれた。
単なる更新手続きに過ぎない、イデオロギーもない、むさくるしい選挙戦だった。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする