2020年06月11日

袋有料化

来月1日から、コンビニチェーンも 「レジ袋の有料化」 に努める。

僕はレジ袋が有料になる以前、試食品や試供品を 「無条件に無料でモノを配ったり、食べさせたりする風潮は、もうやめるに越したことはない」 と、どこかで書いた覚えがある。

無料でもらうことに味をしめると、次にそれがなくなると不満を抱かれる。
無料をサービスと勘違いされ、それに応えなくなると 「サービスの悪い店」 にされてしまう。

販売に結びつくような、デモンストレーションやモニターはいいが、客がスーパーの試食で 「モノ乞い」 する環境では、逆に 「印象ダメージ」 を、店に残すだけ。

今どき、味見をしてまで買う食品は少ないし、ひとつ間違えれば 「悪習サロン」 と化す。
居酒屋で 「もずくを味見させてくれ」 とは言わんだろう。

レジ袋が有料になった時点で、未来を再認識する時代に入った。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする