2020年04月14日

無題雑記 229

13日 11時10分 起床。
明け方、ベッドで寝落ちして、掛布団に投げ置かれた、エンタメ小説の続きを読み進める。

12時30分。
区切りのいい章で本を閉じて、ナイトテーブルに無雑作に置き、ようやく寝室のカーテンを開ける。
強い西風が満開な桜を揺らし、ひとけのない道に桜吹雪を散らす。
テレビをつければ、コロナ関連のニュースばかりで、この先どうなるのやら。
熱めのシャワーを浴びたついでに、バスマジックリンで風呂掃除を終わらす。

16時20分。
買い出しがないので、友達とカフェで待ち合わせ、しばしの気分転換。
こんな時間でもなければ、どこかで気詰まりをおこしそうだ。

19時00分 開店。
最近になって取り付けた、真鍮のドアベルが幾度となく時間差で鳴る。
こんなとき、来店していただき、あらためて 「感謝の意」 をもつ。
東京ほどでないにせよ、まめに除菌し、3密対策を留意して営業。

14日 00時30分。
吊り下げのスピーカーから 「キース・ジャレット」 の金切り声が、だれもいなくなった店内に響く。

02時00分 閉店。
「夜明け前が一番暗い」 というではないか。

02時50分。
今、ブログを書き終えて、これから 「ミートソース・スパゲッティ」 と 「サラダ」 を食べる。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする