2020年04月06日

無題雑記 228

5日 外出する時間帯は、雨の予報。

今は晴れているが、念のため傘を手にして運動がてら、川沿いの桜並木を散歩する。
途中、春雨がさらさらと降り 「満開の桜」 が煙って見えた、自然現象も風情だった。

湿った空気感で白山公園を横切ると、視界をさえぎる露店がないので、本来の庭園が目前に広がる。
そんな遠回りを経て、閑散とした古町の喫茶店で会話をしたり、書店へ立ち寄ったり、新しい商業施設 「古町ルフル」 を見て回ったり、気分を入れ換える時間に使った。

手荷物が増えたところで、すっかり暗くなった柾谷小路を歩く。
萬代橋から見える、東岸のマンション群の窓辺はすきまなく、こうこうと光るのに対して、どこのホテルも窓辺に灯りがなく、その不気味にそびえたつ物体は 「巨大な影絵」 のようにも見える。

今夜の予定はない。
ケータイアプリの万歩計は 「12.150歩」 表示され、小雨が降る中、ずいぶんと歩いたものだ。

湿気を帯びた部屋で、日曜の夜を過ごす。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする