2020年03月22日

春の季語

三連休、中日21日。

春の陽気に誘われ 「ラブラ2」 のコーヒーショップで過ごす。
僕なりに、お気に入りの店と席があり、その日の予定や気分で店を替える。
会話ならココ、読書ならココ、待ち合わせはココ、という具合に場面で店を使い分ける。

以前は、ホテルのロビーをよく利用していたが、平日の昼間は社用族、週末は披露宴の参列者に席を占められることもあり、自然と足が遠退いてしまった。
やはり、日常の行動圏内の路面店が多くなるもの。

それにしても、春だというのに 「春の季語」 が、サッパリ伝わってこない。
度重なる自粛ムードが季語を打ち消し、春の情緒を失するどころか、自粛の解除を待っているような。
漫然と時間を持て余し、味気の薄い日常は、当分続くのであろうか。

だからといって、あまり陰にこもらず、精神衛生上、少し外出した方が気分はすこぶる。
僕は 「社会秩序」 と 「自己責任」 で、花木に思い感じる春を楽しみたい。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする