2020年01月27日

無題雑記 223

前日、飲んで帰宅したのは、深夜2時前。

大相撲初場所、平幕 「徳勝龍」 が優勝した、千秋楽結びの一番を録画で見る。
今年で両横綱は引退するだろうから、これからは番付が入り乱れ、常勝力士はいなくなると思える。
伝承されてきた型はもとに、個々の力士が自らの価値観を作り上げていく時代となろう。

朝、6時に一旦起床。
酔うと寝つきはいいが、3〜4時間で目が覚めてしまう。
窓の外を見ると凍てつくまでもない、1月の空に向けて、桜の木が毛細血管のように枝を伸ばす。
暖冬に困惑して、間違えて芽吹きそうに見える。

リビングにいる間、習慣のようにテレビをつけるが、ただ無作為にチャンネルを替えるだけ。
朝、8時になると、工事現場の騒音、クルマのエンジン音、コンクリートを伝っての生活音や話し声など、さまざまな雑音があふれてくる。
中途半端な睡眠で、耳ざわりなノイズもあるが、朝の音が新鮮で清らかに聞こえるときもある。
そうこう感じているうちに、もう少し寝ようかと、目覚まし時計の針を先送りに右へひねる。

1月の営業も今日を入れて、あと5日。
相撲の星取表のように、白星や黒星に一喜一憂しながら、全て一日一日の積み重ね。

だからといって、リキむ必要なく、肩の力を抜き、開店までの 「ウォーミングアップ」 を心がけている。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする