2020年01月23日

新聞購読

22日 目覚まし時計を止めて、40分後に起床。

アイスコーヒーをグラスに注ぎ、リビングのソファーに座る。
出がけの支度をするまで、ぼんやりと国会中継をながめていた。

朝刊は、夕方に読む。
マンション住まいなので、ロビーまで新聞を取りに行かねばならず、みすぼらしい恰好はできない。
そのため、外出した帰りに、郵便ポストを開けることが多くなる。

新聞を読むときは、絞り込んだ情報源の中から、興味のある見出しを探す。
さほど興味はなくても、字面を斜め読みするだけでも、少しづつ頭に入るもの。
そもそも、ネットの 「枝葉の腐った情報」 は見ないし、ワイドショーのスキャンダルやゴシップばかりにチャンネルを合わせすぎると、それしか興味を示せなくなるので、情報吸収のメインにはならない。

ニュース番組は好きだが、即効性を得ているだけで、直接的な思考につながらない気がする。
要するに、自分が吸収しやすい媒体を選択し、時代の流れに乗ればいいと思っている。
新聞も時事の思考を得ているだけで、決して絶対媒体にはせずに、自分の思考におよぶためのもの。

時代の流れとは 「インスタ」 や 「タピオカ」 などの流行ではない。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする