2020年01月22日

夜型生活

同年代と会うと、自然と健康の話になる。

健康に留意するのは大事だが、神経質になりすぎると日常が楽しくない。
自分に合った健康法こそ、無理なく自然体でいられる良策。

人は高齢につれて、早寝早起きの朝型になるというが、僕は職業上、昼夜時間差の夜型となる。
明け方に寝て、昼下がりに寝覚める生活も長く、これが自分にとっての規則正しい生活である。

しかし、この先、万が一に入院なんてことがあると困るんだ。
起床や消灯時間が定められるので、すっかり生活ペースが崩れて、少しまいってしまうかもね。

だから、午前中に予定は入れないし、長年 「遅寝遅起き」 が健康習慣になっている。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする