2020年01月03日

玉飾り

新しい暦に替えて 「薄日の街」 を歩いた2日。

ようやく、雲に覆われた薄明かりの日射しを体に浴びせた。
街は本格的な 「初売り」 なので、万代の商業施設はどこも買い物客で賑わっていた。
かくゆう僕も 「仕事始め」 の買い出しを兼ねて、短いプライベートに気力をチャージした。
このように、リラックスできる時間があって、仕事にやる気を注げるようになるものだ。

今夜は見慣れた顔に包まれ、正月の心地いい倦怠感も次第に抜けた。
店内の天吊りスピーカーから、ほどよい音量のピアノトリオを流すと、グラスの触れる音や氷を砕く音が混じり合い、そのうち、複数の話し声も重なり 「初笑い」 もこだまする。
こうして、子年のはじまりを実感し、カウンターの 「玉飾り」 が、正月のムードを引き立てた営業初日。

あらためまして、本年もよろしくお願い申し上げます。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする