2019年12月21日

赤色の傘

先週 小雨模様の夕方。

傘をさして、短い横断歩道で信号待ちをしていた。
目の前には、母と思春期の息子と思しき親子が一組、赤い傘の中で信号待ちをしている。
何やら、ささいなことで言い争いでもしたのか、二人の態度は気づまりしているようにも見えた。
その30分後、母親である女性の姿を見かけることになる。

スーパーの花売り場で、お店に飾ろうか迷っていた、真っ赤なポインセチアをながめていた。
帰りに横断歩道の脇にある花屋に目を向けると、先ほどの女性も閉じた赤い傘を左手に持ったまま、真っ赤なポインセチアをながめていた。
「この人も、ポインセチアが好きなのか」

その姿の先にある光景を思い浮かべると、少しだけ親子の関係に親しみを覚えた。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする