2019年11月22日

いい夫婦

11月22日 語呂合わせで 「いい夫婦」 の日だとか。

そもそも、いい夫婦とは、どういう夫婦なんだろうか。
それは、目指す場所ではなく、つかず離れずで 「歩を進めているだけのこと」 ではないだろうか。

夫婦は、すべて相性がいいわけではなく、大なり小なりの相性が合えばいいと思う。
おたがいの趣向を認め、一定の距離を大切にし、喜怒哀楽を分かち合い、日常を楽しく過ごせる関係。
つけ加えれば、個人主義でありながら、価値観を認め合い、協力し合えるのが夫婦の在り方。
もちろん、完璧な夫婦など存在しない。

こんな、エピソードを知る。
一昨年12月、元プロ野球監督 「野村克也」 の妻である 「沙知代」 が死去した。
77年 南海ホークスの監督兼正捕手 (プレイングマネージャー) だったころ、成績不振ならともかく、球団から解任を告げられたという。
解任の理由は、妻子ある立場でありながら、沙知代と同棲をはじめた、野村の私生活が問題視された。

解任までの間、後援会長に呼ばれ 「野球をとるか、女をとるか、ここで決めろ」 と詰問された。
当時 42歳、野村は 「女をとる」 と即答し、その理由をこう明かした。
「仕事はいくらでもあるが、彼女 (沙知代) は、ひとりしかいない」 と、時の地位よりも愛を選んだ。

夫婦に 「答えらしきもの」 があるとしたら、これなんじゃないか。

posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする