2019年10月04日

単独行動

毎年、春と秋になると、随所で 「文化教室」 (カルチャースクール) が開催される。

入会の動機は、生き甲斐、自己啓発、コミュニティーを広げたいなど、さまざまであろう。
講座案内を見ると、美術や料理、音楽や語学に健康など、広く生徒を募っている。
僕はコレといって、やりたいこともないが、日中の空いた時間を埋めたいとは思っている。

お店を開く前、本格的なスポーツジムへ通っていた。
ストイックに取り組んだ結果、半年を待たずして、体重12キロの減量に成功した。
そのまま続けていたら、更なる効果はあったと思うが、突然訪れたジムの閉館を機にあっさりやめた。

肉体の変化を実感してきたころ、ジムの忘年会に出席したことがある。
そこでわかったのは、会員同士のつきあいの長さで、ほとほとの顔見知りはニックネームで呼びあい 「出逢いの場」 なる、男女の雰囲気ができあがっていた。

出逢いを求めて入会してないので、会員の序列に不服はないし、人間関係にも不満はない。
やるべき課題があれば、日常生活にはりあいを持てると思い、入会しただけのスポーツジム。
閉館しなければ、見えた世界もあっただろうが、今はオリンピックイヤーを前に、どこのスポーツジムでも入会者が多いという。

当時、着用していたウェアは役目を終え、今は 「秋冬の部屋着」 になっているが、そんなもんだ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする