2019年10月10日

反面教師

神戸の小学校で4人の先輩教師が、20代の男性教師に陰湿ないじめを加えて、休職に追いこんだ。

さらに、加害教師たちには、隠された前例もあり、同様のいじめで、他に3人が泣き寝入りしたという。
いくら、厳正な処分や猛省をうながすといっても、やる人間は幼児性の抜けない狡猾な人物像である。
時が経てば、またストレス発散法で、一人を標的に徹底的な 「いじめの対象」 を見つけるであろう。

教師を買いかぶり過ぎてはいけないし、性善説で生きてなければ、根っからの性悪説でもない。
学校のいじめというと、すぐに生徒同士の問題ととらえがちだが、その思い込みが人の目を狂わせる。
ずいぶん前にも書いたが、教務室でいじめがあるから、教室でいじめがなくなるわけあるまい。

「反面教師」 (悪い面での見本) という言葉がある。
聖職でなくても、一般的に 「反面社長」 「反面上司」 という具合に言葉を入れ換えれば、それなりに意味合いも変わり、人はだれでも性格の二重構造があるため、単一で見ちゃいけないと思う。

人の尊厳を軽く扱いすぎる、今回の社会問題。
誤解を恐れずに言えば、20代の男性教師も生徒を守る見地において、からっきし弱すぎる。
それなりの知性や教養を持ちながらも、男はプライドを傷つけられたら、断固として怒るべきだ。

堪忍袋の緒は、めったに切るべきでないが 「こいつはやり返せない」 と思われたら、舐められるだけ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月09日

異性遊戯

年老いた母では、通院は心もとないので、午前の診察は妻に付き添ってもらっている。

「スープの冷めない距離」 で暮らすのも理想だが、老いて子どもに頼る勇気も必要となる。
家族は離散し、それぞれに家庭はあるが、つながりが修復してきたのも、妻のおかげである。
だが 「子どものいない俺たちは、老いたらどうするよ」 とささやき合う。

妻と親しい友人がいる。
その人も子宝に恵まれなかったが、さっぱりとした性格で、なによりも気さくである。
おたがい、今に目を向けて、今できること、今やりたいことを楽しみたいと思うタイプ。
もちろん、やるべきこともあるが、先々の不安にさいなまれるより、焦点は 「今」 に定まっている。

数年前、妻が大病を患い、乗り越えた。
しかも、療養中の空白を埋めてくれたのは、男よりも 「女性の献身」 に心を救われた。
ひたすら走ったころと比べて、今を取り巻く環境は変わったが、そのときになって 「あのとき、こうして、ああしておけばよかった」 と嘆きたくない。

ならば、出来事と対等に渡り合って、前を向いて生きた方が潔くないか。
生きていく上で、切っても切れないのが人間関係だし、純粋な気持ちでつきあっていければ、おたがい最期まで 「自然と寄り添える関係」 になれると思う。
その前提として 「この程度の人生なら、良しとしなきゃな」 と、割りきれる年齢であってさ。

男を着飾った、エセな男つきあいをするより、心休まる 「男らしい女らしさ」 を持つ女性が好きだ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月08日

無題雑記 203

5日 「ワールドラグビー」 一次リーグA組 日本第3戦。

屈強な肉体を誇る 「サモア」 を下し、いよいよ 「ベスト8」 が見えてきた。
12日、A組を1位で通過すれば、トーナメント準々決勝が、20日の19:30に試合が組まれる。
そうなれば、日曜の夜に当たるため、自宅でゆっくりと晩酌つきで楽しめる。
ルールもわかってきた今、実力を示した日本戦を1試合でも長く見たいもの。

当面の心配は、台風19号が勢力を増して、3連休の日本列島を直撃する可能性があること。
新潟では、新潟シティマラソン、コンサートなどのイベント、大安の結婚式も多く重なり、主要なホテルはどこも満室だと聞いているので、経済効果の足を引っ張ることにならねばいいが。
消費増税後、最初の 「リトマス試験紙」 の役目になるので、天候で測定をあやふやにされたくない。

スーパーの青果売場では 「秋の実り」 が豊富になってきた。
庶民だから、国産の松茸なんて食べられないし、今は輸入物ですら、高嶺の花である。
秋はきのこの季節というが、椎茸を松茸だと思って、秋の味覚を満喫するだろう。

「豊の秋」 に感謝である。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月05日

殺人の追憶

86年 韓国で実際におきた、少女連続殺人事件を題材に制作された映画 「殺人の追憶」 (2004)
異例の捜査網をしいても、犯人を絞りこめず、刑事たちは翻弄され、未解決のまま終わるサスペンス。

最近、DNAの最新鑑定で、33年ぶりに 「実在の犯人」 が特定されたという。
しかも、別件で服役中の受刑者で、すでに時効が成立しているので、その罪では問えないらしい。

映画のキャッチコピー 「おまえは今、どこにいる」
半狂乱の刑事たちは、怪しいと思われる人間を強制的に連行し、罪をでっちあげようとする混沌ぶり。
未解決のまま刑事を退職後、何かに吸い寄せられるように、当時の事件現場に足を止めた主人公は、ひとりの少女と出会う。
そこで唯一、後の 「犯人の顔を見た」 と思える、少女の一言に背筋が凍りついた。

「普通の人だったよ」
まだ、犯人は身近に潜伏しており、何食わぬ顔で普通の生活をしていた。
救いのない事件に愕然とするエンディングに、未解決事件のトラウマが脳裏に浮かぶ。
常識的に思い込んでいる、見た目の普通さは人物を判断する上で、その目さえも曇らせる。

人間の性格の特異さと屈折を描いた映画 「殺人の追憶」 は、印象に残る快作だった。

posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Cinema Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月04日

単独行動

毎年、春と秋になると、随所で 「文化教室」 (カルチャースクール) が開催される。

入会の動機は、生き甲斐、自己啓発、コミュニティーを広げたいなど、さまざまであろう。
講座案内を見ると、美術や料理、音楽や語学に健康など、広く生徒を募っている。
僕はコレといって、やりたいこともないが、日中の空いた時間を埋めたいとは思っている。

お店を開く前、本格的なスポーツジムへ通っていた。
ストイックに取り組んだ結果、半年を待たずして、体重12キロの減量に成功した。
そのまま続けていたら、更なる効果はあったと思うが、突然訪れたジムの閉館を機にあっさりやめた。

肉体の変化を実感してきたころ、ジムの忘年会に出席したことがある。
そこでわかったのは、会員同士のつきあいの長さで、ほとほとの顔見知りはニックネームで呼びあい 「出逢いの場」 なる、男女の雰囲気ができあがっていた。

出逢いを求めて入会してないので、会員の序列に不服はないし、人間関係にも不満はない。
やるべき課題があれば、日常生活にはりあいを持てると思い、入会しただけのスポーツジム。
閉館しなければ、見えた世界もあっただろうが、今はオリンピックイヤーを前に、どこのスポーツジムでも入会者が多いという。

当時、着用していたウェアは役目を終え、今は 「秋冬の部屋着」 になっているが、そんなもんだ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月03日

躍動効果

連日深夜 「世界陸上ドーハ」 が生中継されている。

人はスピードに憧れるものだ。
だれよりも早く走り、だれよりも高く飛び、だれよりも遠く投げるだけのシンプルな競技。

世界中なアスリートたちが集まり、晴れ舞台で一発勝負の栄光をつかみにくるドラマがある。
見る側は一瞬だが、選手はその一瞬に栄光を求め、気の遠くなるような過酷な練習に挑む。

スポーツを見て、興奮することはないが、心の躍動 「アンチ・エイジング」 ではある。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月02日

消費増税

朝刊に目を通す。

新聞記事の見出しは結論、前文に伝えたい要素を加え、本文が説明となる。
文章の起承転結とは違い、いわゆる 「逆三角形」 で構成されているので、斜め読みで全体をつかみ、興味のある記事にだけ目を落とす。

やはり、見出し(全体) は 「消費税10%」
前文 (部分) は、見出しのあらまし、詳細は本文 (細部) へと進められる。
この三点で、ぼんやりと内容はつかめるものだ。

新聞は社会問題を知らしめ、行政チェックの役割も担っているが、不安に導くアプローチも多い。
役割としての視点は真っ当だが、不安をあおるような文脈もただよう。
あえて、消費増税に期待をこめれば、施行されたことに過剰とならず、末広がりも考えていきたい。

過去、消費増税は4回あり、都度 「節約志向」 にとらわれ、消費マインドが失せて経済が失速した。
それに、増税しても、消費する人は消費したし、増税をしなくても、消費しない人はとことん消費しない。
世界で一番の預貯金を持つ日本人が、必要以上に節約を繰り返すだけの 「習癖」 も問題である。

高齢化による年金や医療費、子育て支援などの問題が山積している中、本当に助けを求める人には、手厚い助けは必要だと思うも、当面の不安がない人まで、未来が見えないと 「弱者」 を名のる矛盾。
それも、余裕のある人が、偽善的な態度をしていると鼻につくし、だったら 「清貧」 であるべきでさ。

2%の増税で、買いだめに列をなすより、消費税10%で 「景気回復」 を実感できる国にしたいよね。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月01日

2019 October

大人の時間をくつろぐ隠れ家

< 10月 October  Infomation >

(定休日)  6日 (日) 14日 (月) 20日 (日) 22日 (火) 27日 (日)

13日 (日) 営業いたします。
22日 (火) 天皇陛下 「即位礼正殿の儀」 お休みとさせていただきます。 

お電話いただければ、お席を確保しますので、お気軽にどうぞ。 

住所     新潟市中央区 東大通2−9−5 
電話     025−247−1644
営業時間  19:00 ⇒ 26:00 (平日・祝日) / 27:00 (週末・祝前日)
定休日    日 曜  (連休の場合、連休最終日を振替休日)  
客席数    カウンター10席  ボックス席あり

カバーチャージ  ¥ 700

スコッチ 6大ウイスキー
アイラ  アイランズ  ローランド  ハイランド  スペイサイド キャンベルタウン

世界 5大ウイスキー 
スコットランド アイルランド アメリカ カナダ 日本

その他、メニューブックを用意しております。

消費税10%の対応について

当店 価格に増税分を上乗せすることなく 「内税方式」 で、据え置きさせていただきます。

また、カード決済の手数料を負担することなく 「現金対応」 で、これまで通り営業いたします。

ただし、仕入れの高騰による諸事情を勘案、社会情勢に著しく変化がともなう場合など、若干の検討もご容赦いただければ幸いです。

これからもどうぞ、お引き立ていただけますようにお願い申し上げます。   店 主

posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Infomation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする