2019年09月20日

優しい彼

40代、シングルマザーは、複雑な人生の恋多き女性。

彼女と知り合って長いが、それまでの彼氏も何人か見てきた。
男に何を求めるかは自由だが 「いい男の基準」 がないと、不毛な関係だけを繰り返す。

ある夜、遠距離恋愛の彼氏と来店した。
「また、顔が違うな」 と思ったが、今までの男とは、少し毛並みが違った。
彼女の話を穏やかに聞く姿の中に、子連れを受け止める覚悟を感じた。

彼の地味な見た目だけで、回りから心ないことを言われたらしい。
だが、大事なのは、だれに何を言われても、心が合えば、見た目は二の次。
見た目は若者の特権だが、熟年世代の男女は、人として魅力がなければ、恋愛の対象にならない。

女性によっては、金銭的な生活保障ばかりいうタイプもいる。
立派な理想を掲げても、本当に好きになるのは、自分を心から求めてくれる男性であろう。
それに、女性の連れ子でも 「わが子のように愛情を注げる器量」 があるかどうか。

作家 「レイモンド・チャンドラー」 の有名な言葉 「優しくなければ、男じゃない」
本当の優しさは、イザという出来事でしかわからないというが、では、イザとはどんなときで、実際にイザなるときがあったのかと聞けば、そんなことは、めったにないのがオチ。

だったら、イザというときの優しさに淡い期待などせず、日常で優しい男のほうが安心すると思う。
それに、優しさは考えてすることではないし 「本能が優しい男」 を見抜くべきでさ。
帰り際 「どう思う」 と耳打ちされたが 「大事にしてくれそうだね」 というと、少し目をうるませていた。

人生の後半に見いだした 「優しい彼」 であって欲しい。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする