2019年09月04日

無題雑記 196

これからが、好きな季節となる。

「夏が来れば、冬がいい」 と言い 「冬が来れば、夏がいい」 と言う、矛盾した自我ではない。
遠い春を待つ 「秋と冬」 が好きなの。
春を迎えると、夏の暑さを思うだけで、気が滅入ってくる。

妻には 「定年退職したら、サイパンで暮らしたいと言ってたのに」 と冷やかされるが、働き盛りの30代だった頃の夢と、今の夢は異なるもの。
そもそも、夢は叶わないから夢であって、夢を叶えるために、好きでもないことはしたくない。

退職金を得ることはないので、晩年の小金持ちは無理としても、時間をやりくり、楽しく暮らす夢を見る。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする