2019年09月03日

変わり種

先日、友人と飲んだ帰り、ラーメン店の扉を開けた。

しばらく、餃子をつまみに、ビールとウイスキーの水割りで口を湿らす。
いい具合にお腹が刺激され、ラーメンをすすろうかと壁の短冊を見ると 「カレー」 が貼られていた。
汁物はいいから、カレーで小腹を満たそうと注文すると、これが絶妙に美味しくてさ。

以前、居酒屋でも、壁掛けボードに 「チャーハン」 が横書きされており、〆に注文をすると、これもまた絶妙に美味しかった。
それこそ 「海の家のラーメンが、意外と美味しかった」 と言われた、アレよ。

きっと、店主が洋食や中華などの経験者で、ジャンル違いの 「プラス一品」 に自信があるのだろう。
単品で成り立つほどの味わいではないが、だれの舌にも記憶がある趣。
喫茶店の 「ナポリタン」 が、美味しかったようにね。

定番メニュー以外、店に似つかない 「変わり種」 があると、店主の歩みとこだわりがわかったりする。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする