2019年08月20日

主婦時間

夕方の日差しが、初秋の兆しを感じさせるも、この暑さはまだ続くようだ。

最長9連休を終えて、19日から仕事の人は多かっただろう。
夜の帳 (とばり) も、静かだった。

世の奥様も、子どもは夏休み中だとしても、夫は朝から仕事だから、掃除や洗濯などの家事を自分のペースでこなし、買い物ついでのお茶でも楽しむ余裕は持てただろうか。

盆も過ぎれば、差し迫ってやることも減り、時計を見ながら、ルーティン (規則性) に戻る人もいよう。
それに、時間があれば、出かけるなり、人に会えばいいのに、そんな気にもなれず、夏の疲れをひとりで癒している姿もある。

中には、パート勤めを間に入れて、時間に追われがちな生活で、わずかな有効活用を考えたり。
フッと 「パン教室に通おうかな」  「社交ダンスでも習おうかな」 など、実行性はともかく、思いつきをふくらませたり、どこか夢見る気持ちがあったりさ。

夫は仕事始めでも、妻も家庭という 「日常の規則性」 が始まる。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする