2019年07月24日

節約の夏

梅雨明けした、新潟県内。

8月の景気の見通しは 「節約の夏」 だとか。

推測では、5月の10連休の出費に加え、10月の消費税10%に備え、その家計予算は過去最低。
その分、遠出は控えるから、近辺で夏休みを過ごす人も多いのでは。

いい風に考えれば、地元で稼いだお金を地元で消費するから、近場の飲食店への風向きはいいかも。
有意義な大人なら、顔の通じる店の1〜2軒はあるものだし、飲み仲間の2〜3人もいるだろう。

東京までの新幹線の片道料金が、浮いた程度に見ておけば、一晩 「はしご酒」 できるぐらいの余暇はあろうし、人つきあいに倹約しすぎるのも、我々の年代における 「第二の人生」 はどうなのよ。

家族との距離を大切にしながら 「ひとりの時間」 も 「仲間との時間」 も保てる、夏休みでいたい。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする