2019年04月14日

桜散る風

部屋のカーテンを開けて、満開な桜をながめながら、出かけの支度を整える。

花見コースは慣わしで、萬代橋西詰の桜並木を歩きながら、八千代橋と昭和大橋の欄干を抜ける。

リュートピアでお茶をしてから 「ソメイヨシノ」 が咲き誇る、空中庭園の空間で足を止める。

吸い寄せられるように見上げると、ほおを伝って 「桜散る風」 が吹いてきた。

白山神社の鳥居を後に、本町で買い物をして、食事は腹の鳴り具合で決める。

「遠出だけが花見ではない」  この4〜5年ほどの 「やすらぎ」 である。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする