2019年03月27日

無題雑記 164

窓に区切られた空をながめるようになる。

すりガラスのようにかすんでいる空模様だが、日増しに春の移ろいを感じている。
窓辺から見える、桜の枝先の揺れ具合で、どのコートを着て外出するかを決める。
3月に吹く風は、寒の戻りがあることを知らせてくれる。

街中、髪の雰囲気を変えた女性が目立っていた。
活動的な茶色のショート、知的な黒色のロング、ビビットなカラーリングも映える。
それぞれの感性が、春の装いや彩りを決めている。

妻も美容室で、髪の雰囲気を変えてきた。
ボクもそろそろ、少なくなった、ナチュラルウェーブ ( ? ) を、カットしに行かねば。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする