2019年03月10日

夜の避難所

9日 西風にのって、日本酒のまろやかな香りがただよっていた万代。

朱鷺メッセでの恒例イベント 「にいがた酒の陣」 の帰り客によるもので、多くの知人も来場したようだ。
ビッグスワンでは、サッカーJ2 「アルビレックス新潟」 のホーム開幕戦ともかさなり、新潟駅を東西に二分した集客で、昼夜の繁華街は人で賑わい、ホテルはフル稼働、タクシーも空車待ち、駅も混雑して一定の経済効果をもたらした様子。

バーは、特需にあまり影響されない。
むしろ、騒がしさを遠ざけて、おちついた人が足を向ける 「ナイトシェルター」 のような空間。
イベント関係者が解放され、異なる空間で心身をリセットし、止まり木でくつろぐことしばし。

会社勤めのころ、旧知のスナックで飲んでいた夜のこと。
後方のボックスシートに、某情報誌の広告を受注する営業職の面々がくつろいでいた。
2歳下のマスターに 「お店の広告でも出したの」 とたずねると、カウンター越しでこう説明した。
「クライアント (広告主) の店だと、仕事の延長になるから、しがらみのない店に集まる」 という。

さらに 「特定の広告店に出入りしてると、地元のつながりでウワサが回り、それを聞いた他の掲載店が気分を害したり、値引きなどの社内規定が漏れるおそれもあるので、つながりのない店で飲む」 とか。
普通は広告を受注する目的で来店するが、プライベートは 「自然体で過ごせる店」 になるのだろう。
その話を聞いて 「なるほど」 と、マスターの目の高さにグラスを合わせた。

当店、掲載するほどの規模でもなく、紹介と口コミでここまで生かされている。
取引先に 「使ってよ」 とプレッシャーをあたえたことはないし 「パブリシティーに取り上げてほしい」 とオファーやバーターもしなければ、お客に 「ひまだから来て」 と営業したこともない。
お客を束縛しない配慮で、ほどよく距離をおいてつながる、バーは 「夜の避難所」 である。

日々の清掃と仕込みを終えて 「待つことも仕事」 だから、商いは近道なき、長い道のりと心得る。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月08日

さびしい夜

今年も店の 「 バランタイン21年 」 遺品ボトルをショットで一杯いただいた。

理由は割愛するが、毎年3月7日は、N塚さんの 「心の命日」 を偲んで、3年が経過した。
http://jazzbar-gig.seesaa.net/article/434726637.html ( Ballantine’s 21 Year ) 

彼は、店を愛してくれた。
店の、お客さんも愛してくれた。

あの頃、新潟在住の 「彼女」 とつきあい、いずれ千葉から新潟に移住してくれないかと思っていた。
そうすれば、もっと彼女とわかりあえて、おたがいの人生にうるおいをもたらしたかも知れない。

しかし、彼は彼女を幸せにできなかった。
ふたりにとって、救いだったことは、恋愛に終止符を打ってから 「永遠の別れ」 になったこと。

出逢いが生きた証なら、別れも生きた証。

彼が好きだった曲 「 Don’t Let Me Be Lonely Tonight 」 (寂しい夜) を鎮魂歌として。

posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月07日

ひとすじ涙

7日 冷たい雨降る午後。

妻は母の通院に付き添い、夕方遅くに帰宅。
時刻同じ頃、朝霞の伯母から電話があり、心身の不安を口にしていた。
ひとり暮らしだから、言い知れない孤独感に襲われるときもあるんだ。

先日、国内最高年齢に達した、上越市の男性は明治40年生まれの 「112歳」 だという。
それも寝たきりではなく、特別介護施設で手厚い介護を受けながら、健康的に過ごしている。
生命力に人体の不思議を感じ、長生きの秘訣は 「笑うこと」 と話す。

「人生100年時代」 到来とも言うが、個人的に100歳まで生きたら、気が狂いそうだ。
何となく、親父の享年82歳を意識しているが、先のことはわからないから、今を楽しみたい。
それでも、身内や大事な人には、いつまでも健康で長生きして欲しいと、願いを込めるもの。

血の濃い家族ではないが、愛する人の命が助かるなら、自分の命を捧げるのはいとわない。
子どもはいないから、命の誕生に立ち合うことはないが、命の終焉を見届けるようになる。
親父の涙を終え、いづれ母親と伯母に 「一筋の涙」 を流したら、涙腺の枯渇が理想的。

妻に 「俺のことは看取ってくれ」 というと 「約束が違う」 とあっさり断られる。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月06日

友人の質

街中がざわめきだし、若者たちが芽吹いてきた。

慣れ親しんだ環境に住んでいると、好奇心を失いかけそうになる。
もし、四季のない暮らしだったら、相変わらずの毎日があるだけで、風景はモノクロに見えよう。
それに、前向きな考えも浮かんできそうにない。

バーの店主として、店で出会った知人は広しど、友人は一握りしかいない。
社会距離でおつきあいしてるので、ご無沙汰していたり、環境が変化すれば、次第に知人も消滅する。
そんな、人間模様を繰り返して 「12年目」 に突入した。

一見、友人が多そうといわれるが 「友人を作るための友人はいない」 ので、友人とは自然の産物。
店の雑談に花を咲かせる知人だから、私生活は一定の距離を保ち、意外に静かなものである。
それに、大人の友人なんて、せいぜい3人もいれば十分だろう。

「長持ちできる秘訣」 は、つかず離れずが原則。
極端に仲良くなったり、あるときからプッツリと姿を見せなくなるのは、目論見があった公算もある。
知人の中から、友人になるので、人のいいところとだけつきあう。

知人を大事にするから 「友人の質」 が高まると思え、信義を重んじ、義務を果たす。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月05日

硬派な歩

4日 NHKの旅番組で、ラグビー日本代表 「五郎丸 歩」 選手が、芸人 「鶴瓶」 とラグビーの聖地、岩手県釜石市を訪問していた。

15年 「ワールドラグビー」 の活躍は記憶に鮮明で、彼の魅力は 「品格のヒーロー像」 である。
自分は 「男は強くなければいけない」 と教育された世代。
だが、その強さに疑問もあり、結果を出せさえすれば周囲にチヤホヤされ、いつのまにか粗っぽくなり、礼儀知らずになるのが特徴的だった。

元プロ野球選手 「清原和博」 元ボクシング世界王者 「亀田興毅」 元大相撲横綱 「朝青龍」 ほか。
その類まれに見る強さには目を見張るが 「人柄に美しさ」 がなかった。
途中で、うぬぼれてしまい、気づけば 「敬して遠ざけられる」 存在となり 「強さが幼児化」 された。

ボク自身、そんな彼らを日本人として応援をしたくても、取り上げられていた態度を知る限り、応援する気にはなれないのが本音で、礼儀や品格を重んじる日本人にとって、欧米かぶれした悪態に嫌悪感を抱いた人も多く、日本の美徳は 「実るほど頭が下がる稲穂かな」 が深みなんだ。

大げさなことをいえば、五郎丸の出現により、それまで 「野蛮さを粋にしていた男」 は、強さの認識を改め、強さの裏づけは優しさや謙虚であることに気がつき始めたと思える。
マスコミの取り上げ方、エセなイメージを作り上げた責任もあるが、本当に強い男はイメージに乗らず 「俺はオレらしく」 神輿に担がれても、神輿の上でムダに騒がないのが 「成熟した男」 でなかろうか。

五郎丸が今年9月に日本で開催される、ワールドラグビーの代表メンバーに選ばれるかわからないが、レイモンド・チャンドラーの言葉 「強くなければ生きていけない。優しくなければ生きてる価値がない」 そんなセリフが似合う 「新しい硬派なイメージ」 を植えつけてくれたのは 「五郎丸 歩」 であろう。

http://jazzbar-gig.seesaa.net/article/429053932.html (五郎丸 歩)

 
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月04日

Cutty Sark

3日 午前11時に起床し、空を見上げると、午後の予定がもったいない気がした。

女友達のクルマがマンションの車止めに入ったのは13時。
夫婦で後部座席に座り、川沿いの道で 「ユナイテッドシネマ」 へ。
複合施設の館内で軽くランチを済ませて、15時に上映の 「グリーンブック」 を鑑賞。

普段は 「Tジョイ万代」 が多いが、傾向的に作品が若者向けのため、中高年の機微に触れずらくて、見逃した作品は少なくない。
映画鑑賞が趣味の友人とは、三者の好みが合えば座席を並べる仲となり、そのおかげで劇場の作品に幅を持てるようになった。

バーを生業にしていると、休日の日射しが貴重になってくる。
日射しがさえぎられた館内、場所が映画館だと暗がりにいることが、もったいない気もする。
「レイトショー」 だと、鑑賞後の余暇を損なうばかりか、ただでさえ日曜は早じまいする飲食店も多くて、くつろげる時間が押してしまうからだ。

そうならないために、少し早く鑑賞を終えて、香り高いサイフォンコーヒーを味わいながら、作品の感想を語り合ったり、のんびりと買い物をしたり、休日の時間を楽しむ余裕を欲しくなれば、軽くつまみながら 「酒場で映画を語る」 も、また良し。
それに 「夫婦50割引」 を使えば、千円ほどで 「2時間の娯楽」 を満喫できるのが魅力。
女友達にしても、友人夫婦や男女の枠を超えて映画に行くことは、日常茶飯事のひとつでしかない。

特別、映画好きではないが、おぼろげな記憶をたどると、ウイスキーはスクリーンで覚えた世代。
今夜の映画も、酒を飲む男を更に男らしくするかのように、帆船ラベル 「カティサーク」 を間に介して、男同士の絆と生きる意味を問いかけた感動作だった。
http://jazzbar-gig.seesaa.net/article/464332778.html ( Green Book )

映画のシーンは、その人の心情をあわせもつ、原風景が描かれている。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Cinema Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月03日

YUKIGUNI

最近、日本発祥のスタンダードカクテル 「雪国」 (Yukiguni) のオーダーを受ける。

これも、山形県のベテランバーテンダーを題材に映画化された 「YUKIGUNI」 の影響だろう。
レシピはカンタンだが、シンプルなカクテルほど、ごまかしがきかないのでむずかしい。
アレンジもカクテルの個性で、ジャズと同じように原形 (テーマ) はあっても、即興 (アドリブ) 要素に自由度 (オリジナルティー) があり、もちろん正式 (スタンダード) を知ってのこと。

レシピは 「 ウォッカ + コアントロー + ライム 」 シュガースノースタイル。
雪と望郷をイメージ、春の訪れを樹木で表現した、緑 (ミントチェリー) を沈めるがそれぞれのようだ。
ボクも最初はミントチェリーを沈めていたが、オーダーの少ないカクテルなので、今はミントリキュールを少量使い、冬から春への移ろいを、透明な薄い緑の光沢でカバーしている。
在庫上、ジンカクテル 「ギブソン」 に使うためだけの 「パールオニオン」 のようなものか。
また、本格的な生ライムやフルーツを使用しない分、低価格でシェーカーを振らせてもらっている。

余談、カクテル名 「雪国」 といえば、ノーベル文学賞を受賞した 「川端康成」 を思い出すだろう。
ご存知、国境の町 「越後湯沢」 を舞台にした 「トンネルをぬけたら、そこは雪だった」 の名作だ。
いろんな書き出しの中で、高らかに表現されるよりも、もったいぶらず、飛び抜けて 「短いつかみ」 に惹かれるのは、わかりやすさにあると思う。

ジャズのテーマ、カクテルのレシピ同様、人の心を惹くのは、シンプルの中にある奥深さである。

posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Cinema Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月01日

2019 March

            大人の時間をくつろぐ隠れ家

  < 3月 定休日 >

  3日 (日)  10日 (日) 17日 (日) 24日 (日) 31日 (日)

  ( 21日 (木/祝日) 通常営業 )

お知らせ

4月20日まで、ボトルキープ デュアーズ12年 (11周年祭)
通常価格 ¥6.500  → 特別価格 ¥5.500 で提供 (期限 8ヶ月)
次回から ¥2.000 (チャージ込)

住所      新潟市中央区 東大通2−9−5 
電話      025−247−1644
営業時間   19:00 ⇒ 26:00 (平日・祝日) / 27:00 (週末・祝前日)
定休日     日 曜  (連休の場合、連休最終日を振替休日)  
客席数     カウンター10席  ボックス席あり

 カバーチャージ  ¥ 700

 スコッチ 6大ウイスキー
 アイラ  アイランズ  ローランド  ハイランド  スペイサイド キャンベルタウン

 世界 5大ウイスキー 
 スコットランド アイルランド アメリカ カナダ 日本

 その他、メニューブックを用意しております。

 つれずれなるままに

冬と春が入れかわる弥生。

感覚的に、こんなに早く過ぎた冬は記憶にない。

空を見上げると、雲のすきまから、溶かし過ぎた青が見え隠れしている。

そんな空に枝を突き上げている、街路樹の枝ごしに 「冬の名残」 を感じた。

posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Infomation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする