2019年01月05日

錆びた夢

4日 オフィスビルの窓辺が、灯りはじめていた。

今日は仕事始めというより、ほとんど顔合わせであろう。
万代にほど近い、三社神社は 「商売繁盛」 の神殿であるから、鳥居をくぐる会社集団も見かけた。

コーヒーショップで、わずかな時間を過ごす。
ロフトで事務用品を買い、スーパーで補充程度の買い出し。

開店19時に、看板を灯す。
午前2時30分には、客はあらかたいなくなり、音楽を止めてグラスを洗い、閉店3時の看板を消した。

長い間 「止まり木の男女」 を見てきて、わかったことがある。
男は 「夢に生きる」 が、女は 「現実に生きている」 こと。

いくつになっても 「錆びた夢」 を抱えているのが男。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする