2019年01月01日

はじまり

31日 12時30分のアラームを止めて、13時30分に外出。

心地よい疲れを引きずりながら、徒歩で一路、本町市場へ。
手にしたのは、台所休みとなる、二日分の追加食材。
重い荷物を両手に提げ、軽い荷物は妻に任せ、17時に帰宅。

ボクだけ、年越し本を買いに、18時に閉店の紀伊国屋書店へ。
刻々と客が引いていく店内で、新刊のハードカバーを一冊購入。
閉店一時間前の書店、このおちついた時間がたまらなく好きだ。

20時、冷やしたシャンパンコルクを抜き、今年の出来事をダイジェストで振り返る。
あんなこと、こんなこと、あのときは、共通の引き出しが多いので、話題は尽きない。
それでも、過ぎゆく時間の早さに困惑しながら、生活を共にするというのは、こういうことかもしれない。

こうして 「2019年」 は幕を開けた。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする