2018年12月08日

無学同然

のんびりと書店めぐりをするのが好きだ。

新書だろうと、古書であろうとかまわない。
平積みされた表紙をながめたり、背表紙を横目で追いながら、息抜きで活字に目を通している。

ある日、ビジネス書や自己啓発書が並ぶ通路で、30歳前後の男性がその分野に見入っていた。
周辺には 「成功者の習慣」 「超一流の教科書」 そんな類の表紙が多く幅をよせている。
興味を持って適当にめくると、基本的にどこかにあったものを整理し、もっともらしく説明されていたり、向上心や成果など、あたりまえのことが現代風に加筆され、時代はめぐっていることがわかる。
読み進めると、コスパにリーダーなどのキーワードそぞろ、果ては 「成功を祈る」 で閉じられる。

ボクにも、そんな若手時代があったから、否定はしない。
しかし、ビジネス書に依存すると、会社での立ち振る舞いだけに、行動をとらわれがちとなる。
ロールプレイングに社員教育、顧客満足度アップなど、社内カリキュラムの重要性は理解できるもの、所詮は 「箱庭のバーチャル論理」 で、外の世界に触れておかないと 「社内番長」 になってしまう。
そうならないために、男は 「外の世界を知ってナンボ」 だから、遊びが仕事の肥やしになるんだ。

商売の基本は、初対面との距離感からはじまると思う。
委縮したり、横柄にならず、いかに平常心で向き合えるか。
お客さんとも話すことだが、身内で予定調和の演技を繰り返すぐらいなら、ハードルは高いがひとりでバーカウンターに座って、今の自分の社交力を実践するほうが、理に適っていると思える。
会社教育は仮免許であって、本免許が通用するかは、社会に身をおかないとわからないからね。

バーは、個人力と調整力の空間。
マスターしかり、隣のお客さんのタイプを見抜き、社交範囲を決めて、店の空気づくりに一役買えれば、きっと会社でも優秀な逸材であろう。

最近、30代半ばの男性客が増えてきた。
カラオケや若い女性が接客する店、居酒屋のはしご酒を卒業した年齢が集いやすく、40、50代以上の年齢が交わる環境で、必要なぜいたくをしている中堅社員が目立つ。
手前味噌だが、会社にどっぷりとつかるタイプより、社会で見識を吸収するタイプが多い。
女性でも、男性以上に男性的だから、女性の魅力が引き立ち、自立した男女が多いのは言わずかも。

ドラマ 「下町ロケット」 のように、ダメな経営者は会社に寄生し、優秀な経営者は社会で生きている。
ボクは 「無学同然」 で生きてきたから、お客さんの前では 「赤面の至り」 だ。

そうやって、少し酒の力を借りてでも、実践形式で 「楽しく社会を学べる」 のが、バーであってさ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月07日

宅配弁当

母の体調を気遣い、昼夕の食事はしばらく 「宅配弁当」 で済ませられるように手配した。

亡き父が一人暮らしで、在宅訪問介護の頃、平日の昼夕の食事は宅配弁当でまかなっていた。
一つには、配達時の見守りもあり、その人道的なおかげで、容態の変化に対応できたこともある。

父は 「パーキンソン病」 を患った。
利用できる制度は利用し、介護保険の認定に応じた計画書も、家族とケアマネジャーで作成をしたが、当時は日曜と祭日、年末年始や深夜介護をする事業所がなく、家族が毎日行って看るしかなかった。
24時間体制、いつ電話が鳴るかわからない緊張感に加え、何年も会社勤めと介護を両立し、いつ入所できるか見通しの立たない 「介護施設の順番」 をひたすら待ち続けた。

食はいずれ、咀嚼機能が低下するので、刻み食も多くなり、誤嚥に気をつけながらの介助となる。
それ以外、着替えや排泄処理、寝かせつけに見守りなど、やることは減るどころか増えてくる。
家計も担わなければならず、自尊心を傷つけないよう言い方も配慮し、理不尽な言い分にも耐えた。
だが、食事をしているときは、宅配弁当だろうが、妻や介護ヘルパーが作った食事であれ、余すことなくおだやかに完食していた。

小さな栄養のまとまりではあるが、グルメとはばかる世の輩も、いずれ時の趨勢 (すうせい) となり、晩年は素食に感謝できるようになる。
今はサービスも拡張され、365日の対応も可能となり、高齢化社会に向けた前進に期待を寄せたい。
ここに書いたことはほんの一部だが、自分の経験を具体的に記す気になったのは、似た苦しみに悩む、お客さんへの返礼かもしれない。

その多くの人が直面していることを、自分だけの経験として閉まっておかずに、きたるべき日に備えて、明日の 「介護の妙薬」 になればいいかと思う。

年の瀬の想いに、希望を紡いで ・・・
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月06日

家族の絆

別宅で暮らす母が夜半に腰の痛みを訴え、救急車で搬送された。

診断の結果、疲れの蓄積が原因による過度な筋肉疲労らしく、適切な処置を受けて帰宅。
朝方、連絡が入り、妻が身の回りの世話に出かけだが、このところのムリがたたったようだ。
http://jazzbar-gig.seesaa.net/article/462185493.html (生みの親)

母は離婚後、近親者に 「あの子には顔向けできない」 と語っていたらしい。
離婚の事情は理解していたから、言われる腹づもりはないが、母は今は亡き父の介護を息子に任せ 「違う人生を歩ませた」 ことが負い目のようである。

頼れる再婚相手は同年齢のため 「老老介護」 も、いづれ限界はくる。
そういうときの連絡先になっているが、予てから母は 「私の面倒はいいから」 とは言っていたものの、肉体の変化によって、人は 「心変わり」 するものだ。

身近なことに遠慮したり、過去の十字架を背負うことなく、今は 「子どもに頼る勇気」 を持ってくれた。
できること、できないことはあるが、少しでも親孝行はしたいもの。
再婚の相手は他人ながら、自分たちでできることはやってもらい、できないことに手をさしのべるのが 「母への尊厳と愛情」 ではないかと思える。

わが家のルーツを理解し、ひび割れした 「家族の絆」 をとりもった、妻には心から感謝している。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月05日

会員情報

誕生日に触れてもらうと、いくつになってもうれしいものだ。

妻がスマホの会員登録をスーパーのレジにかざし、特定商品の割引を受けていた。
主に家計を預かる主婦にとって、割引情報はやりくり上手であることから、有効なアプリとなる。

スマホを用いたサービスが広がる一方、ボクのような 「ガラケー族」 は、圧力的に 「スマホに変更しないと、特典をうけれませんよ」 と追い込まれているようだ。

最近、どこでもスマホを介したサービスが主流だが、生活に相容れない情報を垂れ流されても困る。
長年、公私の生活環境が 「時を分かたず」 だったので、膨大な情報で気がそぞろでいたくないんだ。

さすがにパソコンは必需品だが、人それぞれに情報のとり方があるし、聞くところによるとスマホを一日5時間もしてる 「キリギリス」 も多いらしく、それなら 「オレはアリでいいや」 と、異なりに安堵する。

過度な情報に触媒されるのは、時としてストレスだから、自ら得る情報にも 「規制線」 が必要である。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月04日

Fifty Four

「年齢だけは、待ったなし」

知らず知らずのうちに、遠出しなくなった。
知らず知らずのうちに、バスに乗るようになった。
知らず知らずのうちに、食事がシンプルになってきた。
知らず知らずのうちに、スーパーが居心地よくなっていた。
知らず知らずのうちに、散歩と自転車が好きになっていた。

知らず知らずのうちに、あまり服を買わなくなった。
知らず知らずのうちに、ほとほと物欲がなくなってきた。
知らず知らずのうちに、電化製品は最低機能だけで不足なくなった。
知らず知らずのうちに、家で行動を予告するひとりごとが多くなった。
知らず知らずのうちに、妻の言うことに全面降伏するようになっていた。

つまり 「足るを知る」 ようになる。
生まれてこの方 「人生、こんなはずじゃなかった」 と思ったことない。
もともと 「スーパーゼロ」 のような男だから、大した夢など持ち合わせてない。
むしろ 「この程度の人生なら、いさぎよく、良しとしなきゃ」 と思う、熟年完結タイプ。
ただ、そこにこだわらず 「人間は楽しむために生きている」 前向きな思考は忘れちゃいけないと思う。

54歳には、54歳の 「黄昏流星群」 があるのかもね。

http://jazzbar-gig.seesaa.net/article/455320135.html  (Fifty Three)
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月03日

暗証番号

最近、妻から 「物忘れが多くなってきたね」 といわれる。

今月から、自宅マンションの暗証番号が変わり、しっかりと覚えていたはずが、すっかりと忘れていた。
しかも、語呂合わせまでして覚えた、たった 「四桁の数字」 である。

買い物から帰宅し、エントランスで思い浮かぶ番号を何度も押すも、ことごとく E (Error) 表示。
「ダメだ、こりゃ」 と、ポケットから、自宅の鍵を出してロックを解除した。
妻に暗証番号を聞くと、サラッといえるが、この差はなんなんだ。

そういえば、先週も歯科医の予約日をすっかり忘れてしまい、次の日に謝りに行って予約を取り直した。
そうだ、買い出しメモを見ているのに、買い忘れることもあるなあ。
待てよ、店でもカクテルの作り方は頭に入っているのに、度忘れをしてしまいレシピを広げたり。

青魚が不足しているのか、側頭葉の海馬が衰えたのか、最初から覚える気がないのか。
同年代の男性客にそのことを話すと 「もはや、皆一緒」 と一蹴。

そんな、月初めの週末。
おじさんたちが、各々の部屋番号を押して 「開けてくれ」 とマイクに向かって、叫ぶ光景があった。

ボクはどういうわけか、頭の中で 「九九の掛け算」 を復唱していた。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月02日

鬼に金棒

「Diary & Social」 のカテゴリー内にある 「無題雑記」 の題名は次回で150本になる。

書き終えた後、題名が思い浮かばないとき、連番につづるが、何を書いたかは記憶にない。
ブログは徒然、評価を意図してないから、まあ気軽なものだ。

7年来の女性客が、今年11月発刊 「にいがた市民文学」 (第21号) に応募した複数の作品の内、短歌部門で文学賞を受賞した。
先週、書籍を寄贈され、拝読したが 「俺にはこういう文章は書けないな」 と感心と共感を抱く。

自身、文学よりコラム、クラシックよりジャズ、習うより慣れろタイプ。
今の事象と折々の経験を引き合わせ、コンパクトに書くため、古典的な表現や言い回し、仕立てのいい文脈が苦手で、美文を意識すると借物文となり 「だれが書いたかわからぬ文章」 だけは避けたい。
それなら、最初から自分らしく、自分が感じた感性で、泥臭くも 「本音の力に負う」 ところが大なる。

文学とはいえ、小説もあれば、短歌に川柳、俳句に随筆まで多岐にある。
自分の持ち味を、どの分野で活かせるかわかれば、書き出しは早くなる。
過去、国語の授業で習ったことは、文章作りにおいて、大して役に立ってない。
国語や音楽でも、古典の理屈ばかりで、ほとほと居眠りするような授業と同じでさ。

だけど 「我流は我流」 でしかない。
音楽でも、譜面は読めずとも演奏はできるが、譜面を読めた方が演奏の幅は格段に広がる。
文章も同じで、個人に才能はあっても、文章術や技法を習得した人には、およばなくなる。
いづれ、そのペン先は 「鬼に金棒」 となるわけでさ。

ボクは勉強嫌いなので、風のように書き流しているが、空き時間を有効に使えて、性に合っている。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月01日

2018 December

            大人の時間をくつろぐ隠れ家

  < 12月 定休日 >

  2日 (日)  9日 (日) 16日 (日) 24日 (月) 31日 (月)

  ( 23日 (日) 30日 (日) 通常営業 ) 

  年末は 30日 (日) まで、年始は 2日 (水) より、営業いたします。

席のご予約は、お気軽にお電話をお待ちしております

住所      新潟市中央区 東大通2−9−5 
電話      025−247−1644
営業時間   19:00 ⇒ 26:00 (平日・祝日) / 27:00 (週末・祝前日)
定休日     日 曜  (連休の場合、連休最終日を振替休日)  
客席数     カウンター10席  ボックス席あり

 カバーチャージ  ¥ 700

 スコッチ 6大ウイスキー
 アイラ  アイランズ  ローランド  ハイランド  スペイサイド キャンベルタウン

 世界 5大ウイスキー 
 スコットランド アイルランド アメリカ カナダ 日本

 その他、メニューブックを用意しております。

 つれずれなるままに

「寒い師走なのに、あたりを見渡すと、何だか温かそう」

街の明かりが華やかになり、人で賑わうようになるため、多くの人はこう思うのでは。

しかし、師走だから、よけいに孤独を感じる人もいる。

人が違えば、体験も異なるから、一概に華やかとはいえない。

師走を迎え、自分にだけ冷たい風がまとわりついていると感じたら、店の扉を開けてほしい。

年末年始は、年齢や性別、立場問わず、人を笑顔にしたいし、ボクも笑顔で癒されたい。

チープなことを言うつもりはないが、この年齢になるとこんな気持ちになるから不思議である。

posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Infomation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする