2018年11月08日

大人の恋

7日 暦の上では、冬のはじまりとされる 「立冬」。

今冬は、暖冬傾向であるらしい。
午前中、タクシーの窓に流れる紅葉をながめながら、まだ秋の情緒を味わえるよろこびを感じた。

東京在住の頃、舗道に椅子とテーブルを並べた 「オープンカフェ」 を一人でよく利用していた。
いわゆる昔、パリの街角で見かけるような、舗道に椅子を向けたスタイル。
今は見かけなくなったが、これだとコートを着たまま座れ、秋の情緒を気軽に過ごせる。
二人なら、同じ時間を共有し、舗道を歩く人と街路樹や街路灯を風景に、会話や沈黙も違和感がない。

旅行先の南の島で、バルコニーやビーチサイドで椅子を二つ並べ、男は目を細めて遠くを見つめ、女はサングラスにつばの広い帽子を目深にかぶり、日焼け止めのファンデーションを塗っている。
そこでも、同じ時間を過ごし、同じ水平線を見て、気を遣わずに黙って過ごせる満足感。
周囲はこの二人をどう見るか勝手だが、共通していることは会話におちつきがあること。

出会いが浅い頃、相手知りたさで、小鳥のようにさえずるが、関係が深まると沈黙に大人の恋が宿る。
こればかりは、出会った頃の若い二人には、真似のできない間であろう。
最近、コーヒーショップで、対面で語るカップルかと思いきや、会話が途切れだすとすかさず下を向き、それぞれがスマホに興じる姿を見て 「これが多機能時代のカップルか」 と思えた。

自分を出せる会話が恋の積み重ねで 「間合いを保てないカップル」 は、恋愛と呼べない気がする。

posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月07日

平日の夜

年に1〜2回ほど 「二連休」 を頂戴する。
とはいえ、バカンスなどの類ではなく、私的な用事なので、ほとんど余暇ではない。

そんな二連休の2日目、月曜日の夜8時過ぎ。
新潟駅行きのバス、後部座席の窓側で、流れる街並みをぼんやりとながめていた。
車内には仕事帰りの乗客が数名、停留場からの乗車客も少なく、定刻通りに運行。
途中、古町十字路を通過するも、お世辞にも活気があるとはいえない。
買い物帰りの女性がエコバックを持ち、横断歩道で信号待ちしている姿が目立つぐらい。

ところで、平日の夜の街にいる、自分に 「違和感」 がある。
本来、その頃は店を営業している時間だから、空白の埋め方がわからない。
どこか仕事をさぼって、半分遊んでいるような、おちつかない気分が続いている感じ。
会社勤めしている人が、平日の昼間に私服を着て、ビジネス街をうろついてる心境に近い。
まあ、割り切って遊ぶ連休ではないので、体は仕事から離れても、中途半端に気は張っていた。

長年の習慣とは、このことである。
それより 「いるはずのない、平日の夜の街に自分がいた」 ことが貴重だった。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月04日

個性団結

3日 午後2時30分 ラグビー日本代表のテストマッチ 「ニュージーランド戦」 をテレビ観戦。

結果は 「69−31」 で、名門 「オールブラックス」 が圧勝。
過程を見れば、日本の5トライは評価されたが、力の差は歴然で文字通り 「世界最強」 チームだ。

団体競技の魅力は、違った個性を認めて団結し、個人の在り方を示せるところ。
これこそ、個人として、チームとして 「ダンディズム」 を発揮できる、男のスポーツである。

来年、日本で開催される4年に一度の 「ラグビーワールドカップ」 は楽しみだ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月03日

金曜別腹

2日 今日一日の終わりを告げるように、西の茜色が浮雲を照らしていた。

乱筆なメモ用紙を片手に、最寄りのスーパーへ。
メモしたモノ以外、衝動買いもあるので、持参のエコバックだけでは、足りなくなることしばし。

こんな顔してるが 「プリン」 と 「シュークリーム」 が好きだ。
最近のお気に入りは、ホイップクリームがふんだんにつまった、20cmはあろう細長のロールケーキ。
その名も、ウサギマークの 「ロールちゃん」 で、人気があるせいか、品ぞろえが安定していない。

プチデザートは、仰々しく食べる必要なく、手軽な甘さで疲れがとれた気がするだけ。
口にするときは、晩酌の後が多く 「甘いものは別腹」 とは、だれが言ったのか 「名コピー」 である。

カートを押しながら、店内を一周半し、手荷物二袋を自転車のかごに一つ、ハンドルに一つぶら下げる。
いつの間にか夜になっており、2連休を前にしてか、道行く人たちが足早になっているようだ。

脳裏に響いてきたのは 「 You're My Everything 」  Miles Davis Quintet
この曲のように、今夜は静寂に包まれた、別腹のような金曜日だった。

posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月02日

無題雑記 148

日付は変わり、2日。

惰性で、PCを立ち上げた。
今日一日、文章をおこすほどの場面が思い浮かばない。
それほど、マンネリだったということか。

個人事業主になると、地元に根を下ろすため、会社勤めの頃と違い、出先や出張がなくなる。
そうなると、毎日同じ道で自宅とお店の往復となり、パターン化してしまう。
だから、身の回りの身の丈で、気分転換が大事になってくる。
お店では、だれがお越しになるか、日々予想のつかない環境なので、新鮮な感情と刺激は保てる。
その分、ストレスも受けるが、自浄力が備わること久しい。

先週、海岸線をクルマでドライブした。
男女4人で肩を寄せ合い、久しぶりに目に映る日本海に見とれ、思わず窓を開けて、潮の香りを大きく吸い込みたくなった。
太陽の光を浴びて、肌で風を感じ、どこか懐かしい自然な香りを感じるだけでも、心はやすらいでくる。

日常がないと、余暇は不感症になる ・・ あれ、何とか書けた。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月01日

渋谷炎上

昔、渋谷は都会だった。

ハロウィーン ・・ 何が、ハッピーかわからん。
ハロウィーンパーティーを知る人は、それなりの店や場所をわきまえ、イベントを優雅に楽しんでいる。
一部、バカ騒ぎするのは、ユーモアに不慣れであるため、どうも日本人は小粋にシャレを楽しめない。

集団化すると突飛な行動に走りがち。
人の目を引きたければ、ルールやマナーを違反するのが手っ取り早いが、法律を向こうに回してまで、悪人になる性根があるわけでもない。

狂喜乱舞、すみかを追われた地方の猿軍団が仮装し、人里に下りてきた 「ダサい場所」 になった。
地方の駅前ロータリーで、暇を持て余した若者が、ドリフトするような場所。
昔、銀座が銀座でなくなったように、今の渋谷は渋谷じゃない。

都会人は、渋谷で遊ばないよ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする