2018年09月03日

Rod Stewart (Vo)

今年の座標軸は狂っている。

夏がロマンチックに思えたのは、いつ頃までの感覚であろうか。
だれでも、夏の終わりに 「聴きたくなる曲」 があると思う。

ボクは 「告白的なバラード」 を聴きたくなる。
とりわけ、ロッド・スチュアート 「 If Loving You Is Wrong 」 が好きだ。

しゃがれ声で、ゆっくりとテンションを上げていき、シンプルに語りかける。
去り行く夏から、秋への移り変わりを表現してるような、こがれた美しさが魅力ある。

想いを伝えるとき、ただ熱量をこめればいいというものではない。

posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Jazz & Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする