2018年09月09日

女性回帰

母親は、いくつになっても、息子には心配がつきまとうようだ。

思春期を見守り、社会人として見送り、自分は第二の人生を見直すようになる。
同世代には、孫ができて、生きる張りあいになっている女性もいる。

ある年、思春期の息子のことで、こんな話を聞かされた。
性のバイブルが 「エロ本」 だった時代、息子のベッドマットの下から、数冊の艶めかしい本を発見し、もしかして 「変な妄想をして、外で変なことをやらかすんじゃないか心配」 という。
「それは正しい成長で、こうしてお母さんよりも、大切な彼女を探すようになるの」
「その成長を妨げると、親離れするタイミングを誤るから、巣立ちの準備だと思って、少し距離を置いたほうがいい」 など、父親が娘の初潮にオタオタするのと同じで、母親は息子の目覚めにオロオロする。

最近、こんな話を聞いた。
県外でひとり暮らしをはじめた、息子の住まいに様子を見に行ったついでに、部屋の掃除をした。
すると流し台の下から、避妊具を発見し、私生活が乱れてるんじゃないかと、心が揺れ動いたとか。
「キチンと避妊するのは、彼女へのマナーとやさしさだから、心配ない」
普段は冷静でも、ことさら息子のことになると、あたりまえなことに、複雑な思いを巡らしてしまう。
だから 「お母さん」 なんだよな (笑)

男は永遠に子どもなので、女に育てられる。
ゆえに、母の深い愛情が、息子をとられた嫉妬の感情に変わっても、何ら不思議ではない。
むしろ、男を育てる女が変わるだけで、涙ぐましいけど、喜ぶべきことであってね。
子どもが巣立てば、夫と愛を深めたり、トキメキに出会ったり、妻も女性に回帰する。
母も女であるゆえ、息子も男になるから、いつまでもペッタリの関係ではいけないんだ。
同世代の母から、女に戻る移ろいを見たけど、美しいもんだよ。

少年の頃、母に愛を抱きながら、批判的な気持ちもくすぶっていた。
数十年後、母とていずれ 「女性に回帰する」 ことを理解できた。

慈しみの気持ちは大事だが、そのときの常識が 「10年後の常識」 だとは限らないんだよな。

posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月08日

木村拓哉

最近 映画 「検察側の罪人」 のPR活動に合わせて、主演 「木村拓哉」 をよくテレビで見かける。

若い頃は、ただの 「キムタク」 でしかなく、透かした態度をとるようで、いけすかなかったが、SMAPの解散で印象は変わった。

解散の原因は 「4−1」 の物別れとなり、詰まるところは人間関係だった。
彼は自分の筋を通したため、独り浮いた存在になってしまったが、ボクはそういうことに対しては、同情とは違う 「反骨心」 を持つから、逆に応援したくなった。

あのとき、孤独になった分、大人として一皮むけたイメージに見えた。
大勢でつるんでいるときには、周りが見えなくなり、自分を勘違いしやすくなるものだ。
しかし、孤独を経験した男は、近寄り難くなるもの、人をやさしく包みこめるオーラを感じるようになる。

他メンバーとの確執や孤立をおそれず、寂しい思いをしても、筋を曲げなかった。
ただでさえ、あんなにいい男なのに、その上、人間力 (孤独力) までつけば、鬼に金棒である。
それを思うと、彼をささえている、妻 「工藤静香の存在」 が、自然と浮き立ってくる。

ゲスな男たちには、嫉妬されるだろうが、これから集まってくるメンバーこそ、真の友であろう。
同性にモテてこそ、異性にもモテるから、彼が50歳になったら、とことん魅力溢れるだろうね。
解散しても、何も失ってないし、何も傷ついてないし、むしろ 「男を上げた」 ように見える。

いや、本心は傷ついて、寂しさを味わっただろうが、悲壮感をウリにしてないのが、いさぎよさ。
群れから飛び出した、一匹狼風の 「木村拓哉」 は、男として共感するところがあるんだよな。

いつまでも、子どもっぽいアイドルとは違い、変わることによって、世の中の最先端にいるような。

posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月07日

公衆電話

6日 午前に発生した、最大震度7の北海道地震を受けて、道内全域で公衆電話を無料開放した。
通信障害と携帯機器のバッテリーの消耗による緊急措置だという。

あまり見かけなくなったが、最近まで、店の近くの住宅街に緑色の 「公衆電話」 があった。
そのたたずまい、街の片隅に忘れ去られたようで、これまで使っている人を見たこともなかった。
いや、使っていたら、この時代にケータイ電話を持ってないんだと、いぶしがられるだろう。

撤去されてしまったのは、だれも使う人がいないからで、形骸したモノは消されるのが世の定め。
だが、今回の地震で用途が見直され、いざというときに 「古き」 が役立った。
日常で公衆電話は見かけなくなったが、新たに見つけたら、その場所は覚えておこうと思う。

似たような考え方で、過去に実地講習を受けた 「AED」 「消火器」 の場所と使い方を、今一度、頭で復習しようか。

「忘れ去られてはいけないもの」 ってあるんだね。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月05日

台風警報

4日 買い物帰りの17時
街を厚ぼったい雨雲が覆い、生温かい異様な風が吹き、嵐の前触れを漂わせていた。

台風が迫ると、人はソワソワとおちつかなくなる。
そういうときは、静かに過ぎるのを待つしかない。

こんな日は、さっさと家に帰るべきだが、バーを 「セカンドハウス」 にする、お客の心情を想像すれば、台風であろうと看板を灯すことが役目となる。
今夜は、最悪の坊主 (ノーゲスト) かも知れないが 「待つこと」 も、大事な仕事。

重苦しい暴風雨になると思い、読みかけのハードカバーを持って行くも、しおりを抜くことなく、意外だが 「9人の来店客」 が入れ代わり、立ち代わり、カウンター席を分け合った。
台風は直撃せず、夜道にマイナスイオンを撒いて、巻き返しの北風を残し、深夜に北上して消えた。

「台風警報の日」 に、ご来店していただいただけでも、ありがたいこと。
「雨の日 風の日 訪問日より」 たる教訓こそあるが、人間関係 「雨天の友」 である。

台風一過。
5日 「午後の青空」 を想像しながら、深夜3時10分に執筆。

posted by GIG at 00:00| Comment(2) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月04日

海と神社

2日 新潟護国神社へ。

鳥居をくぐり、参道を歩き、手水をして本殿へ。
二礼二拍手一礼し、回廊を通り、神門を後にする。

松林の遊歩道を散策し、日本海の夕日を見に行く。
目の前には、佐渡島のシルエットが横一面に広がる。

家族連れは、波打ち際でたわむれ、恋人たちは堤防に座り、穏やかな海をながめている。
遠目で水平線を見ながら、潮の香りに吹かれていると、開放感に包まれる。

神社で厳かな気分となり、海の広さに憧れのような気分を抱く。
そのあと、不思議と街の明かりの中に、溶け込みたくなってきた。

一皿目に箸を伸ばしたのが、19時30分。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月03日

Rod Stewart (Vo)

今年の座標軸は狂っている。

夏がロマンチックに思えたのは、いつ頃までの感覚であろうか。
だれでも、夏の終わりに 「聴きたくなる曲」 があると思う。

ボクは 「告白的なバラード」 を聴きたくなる。
とりわけ、ロッド・スチュアート 「 If Loving You Is Wrong 」 が好きだ。

しゃがれ声で、ゆっくりとテンションを上げていき、シンプルに語りかける。
去り行く夏から、秋への移り変わりを表現してるような、こがれた美しさが魅力ある。

想いを伝えるとき、ただ熱量をこめればいいというものではない。

posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Jazz & Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月02日

2018 September

             大人の時間をくつろぐ隠れ家

  < 9月 定休日 >

  2日 (日) 9日 (日) 17日 (月) 24日 (月) 30日 (日)

  16日 (日) 23日 (日) 通常営業
 
  ご予約は、お気軽にお電話をお待ちしております

住所      新潟市中央区 東大通2−9−5 
電話      025−247−1644
営業時間   19:00 ⇒ 26:00 (平日・祝日) / 27:00 (週末・祝前日)
定休日     日 曜  (連休の場合、連休最終日を振替休日)  
客席数     カウンター10席  ボックス席あり

 カバーチャージ  ¥ 700

 スコッチ 6大ウイスキー
 アイラ  アイランズ  ローランド  ハイランド  スペイサイド キャンベルタウン

 世界 5大ウイスキー 
 スコットランド アイルランド アメリカ カナダ 日本

 その他、メニューブックを用意しております。

つれづれなるままに

Dear Guest

残暑お見舞い申し上げます。

皆さま、お変わりありませんか。

私は、夜な夜な看板を灯しております。

夏バテの方は、疲労回復にご自愛ください。

思いが募れば、またお店でお会いしましょう。

From GIG

posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Infomation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする