2018年07月26日

ピクルス

夕方、店で提供する、お手製 「ピクルス」 を作ろうと、せまい自宅のキッチンに割りこんだ。

野菜を刻んだ後、コンロの手鍋に砂糖とお酢、塩を少々とスライスニンニクとローリエを順番に入れて、中火で沸騰寸前に火を止めて、こうして甘酢を作るのだが、やっちまった !

普段は台所に立つ亭主でないので、久しぶりだと勝手がわからず、やや動きもぎこちなくなる。
妻はその様子を横で見ながら 「こぼすなよ」 「ひっくり返すな」 と小言で、ゲキを飛ばしてくる。
「こぼそうと思って、作る男がいるか」 と反論したそのとき、砂糖が入ったガラスの容器をひっくり返し、床を汚してしまった。
ただでさえ、せまくてむし暑く、献立の材料がところせましなのに、タイミング悪く、へまをした。

すると低い声で 「掃除機」 と指示をされ、床を掃除している間、本来は楽しいはずのキッチンなのに、よどんだ空気に包まれた。
沈黙が息苦しかったので、気分を変えようと 「俺は正義の味方、さとうマン (砂糖) だー」 と叫ぶと、子どもをあやすかのように 「はいはい」 なだめられ、甘酢にカット野菜をひたされて、亭主が演じるニューヒーロー 「さとうマン」 はあえなく撃沈した。

キッチンは女性の聖域で、献立を作っているときに割りこむと、亭主はじゃまになると思える。
今度、ミスしたら 「さとうマン」 改め 「ピクルス仮面」 にでも、変身しちゃおうかな。

夏は 「ピクルス」 のオーダーが多いのは、この暑さで、みなさん 「お疲れ気味」 なのだろう。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする