2018年06月06日

正露丸

くだり腹となり 「正露丸」 を服用した。

わが家は、念のために常備薬は揃えてある。
普通の生活で具合が悪いと感じたら、まず薬局で市販薬を買い、夜は安静にするだろう。

夜の仕事だと薬局は宵の口で閉まり、家に常備薬がないと経過の観察が二の次になるため、最低限の備蓄は特効薬となるが、職業上の分身はいないため、安心感には代えがたい。

もともと多少のことで、薬を服用しないタイプ。
副作用を考えれば、薬は飲まずに越したことないが、自分の健康も真剣に考えないといけない。

それでも、楽観主義というか、ポジティブといおうか、どこか悪くても、あまりクヨクヨしない。
予防はするが、おきたことに対処するタイプだから、生物学的なプロセスに逆らうこともしない。

昭和生まれの男には 「アイラウイスキーの香り」 がする、ラッパのマークの正露丸が効く。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする