2018年06月06日

正露丸

くだり腹となり 「正露丸」 を服用した。

わが家は、念のために常備薬は揃えてある。
普通の生活で具合が悪いと感じたら、まず薬局で市販薬を買い、夜は安静にするだろう。

夜の仕事だと薬局は宵の口で閉まり、家に常備薬がないと経過の観察が二の次になるため、最低限の備蓄は特効薬となるが、職業上の分身はいないため、安心感には代えがたい。

もともと多少のことで、薬を服用しないタイプ。
副作用を考えれば、薬は飲まずに越したことないが、自分の健康も真剣に考えないといけない。

それでも、楽観主義というか、ポジティブといおうか、どこか悪くても、あまりクヨクヨしない。
予防はするが、おきたことに対処するタイプだから、生物学的なプロセスに逆らうこともしない。

昭和生まれの男には 「アイラウイスキーの香り」 がする、ラッパのマークの正露丸が効く。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月05日

必殺兵器

4日 営業許可証の検査に立ち会い、2度目の更新手続きを終えた。

個人事業者の健康管理と衛生管理はあなどれない。
何の保証もない中で、健康を失えば閉店せざる得ないし、一方で食中毒でも出して閉店や業種変更に追い込まれたり、枚挙にいとまがない。

地味だが大事なことでね。
その衛生管理だが、この時期より多くの飲食店を悩ますのが害虫対策。
当店、さほど食品や生ものを対象にしてないので、厨房から害虫が発生するのは少なくも、外部からの侵入には神経を尖らす。

特に黒ゴキブリは、害虫駆除の業者でも、抜本的に侵入を防ぐのはお手上げらしく、普段から生ごみの処理や水回りの清掃など、店で侵入経路をふさぐ自衛しかできない。
それに扉の開閉で侵入することもあるので、どんなに対策をしても施しようがないのが悩みとなる。

秘密兵器は用意してある。
「ゴキブリホイホイ」 を仕掛け 「ゴキブリがいなくなるスプレー」 で侵入させない。
それでも侵入したら、オレの必殺兵器 「アースジェット」 をぶっ放して、やっつける。

どこの飲食店でも、規模に応じた努力をしており、例年同様、今年も見ないことを願っている。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

記憶の目次

休日の過ごし方のひとつに、書店めぐりをしていることがある。

前ほどは行かなくなったが、主に夜の書店の静けさが気分をおちつかせてくれる。
ツタヤのような複合施設は別として、ほとんどの書店は夜8時には閉店する。
もう少し書店の雰囲気に身をおきたいときは、古本屋の現代版となるブックオフが夜10時までなので、足を延ばすこともある。

この日は、新書と古本を合わせて、5冊購入した。
好きなジャンルは 「ノンフィクション」 で、論でなく事実によって語らしめられた、ドキュメント。
他に 「社会小説」 「ホラー」 「サスペンス」 「エッセイ」 など、限定的にならず乱読するタイプ。
話題の新書もあれば、分厚いハードカバー、黄ばんだ文庫本など、手にとる型はこだわらず。

つまらなければ、投げっぱなしになるし、文脈に乗れなければ、斜め読みに切りかえる。
おもしろければ、一気にあとがきまで、読破する。
「読書が趣味ですか」 と聞かれるが、新聞を目にする習慣と似ているので、趣味の感覚はうすい。

そもそも、読書のはじまりは、社会人になってからで、遅い方だ。
神経が細かったので、イヤな出来事が断片的に思い浮かぶのを、まぎらわしたくてね。
語彙は抽象的となるが、主に 「やさしい本」 をめくっていた。
書店が好きなのは、共感できる作者と出会えそうな期待感と癒しである。

ボクは、小さなバーのマスター兼、バーテンダー兼、個人事業主。
仕事は何でもそうだが、人間修業の場所だ。
ロケ地がバーなら、ゲストのオムニバス (短編) が集約された、一冊の本かも知れない。

お客さんから 「店の出来事を本にまとめれば」 と言われたが、社会的なニーズがないだろう (笑)
エリート人生なら、その価値はあるが、スーパーゼロの人生に、自分でむりやり光をあてようとすれば、過去を都合よく美化するおそれもあるし、全て洗いざらい話さなきゃいけなくなる。

書く自由は保障されるが、そうなるとためらいが出るから、本としての体を成すはずあるまい。
記憶の目次では、多くの人の顔と名前は刻まれてるが 「あとがき」 は、まだまだ先になりそうだ。

その目次に 「あなた」 の名は連なっており、それを書かせるのは、お客さんの存在である。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月02日

腹へった

冷やし中華が、ことのほか好きだ。

麺は3玉、具はチャーシュー、きゅうり、たまごの三色を細切りにして、紅ショウガを少し。

ねりからしはむせやすいので、スープによく溶かして、なじませておく。

あとは、一気に食べるだけ。

腹が減ったので、今夜はこれで終わり。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月01日

2018 June

               大人の時間をくつろぐ隠れ家

  < 6月 定休日 >

  3日 (日) 10日 (日) 17日 (日) 24日 (日)
 
  ご予約は、お気軽にお電話をお待ちしております

住所      新潟市中央区 東大通2−9−5 
電話      025−247−1644
営業時間   19:00 ⇒ 26:00 (平日・祝日) / 27:00 (週末・祝前日)
定休日     日 曜  (連休の場合、連休最終日を振替休日)  
客席数     カウンター10席  ボックス席

 カバーチャージ  ¥ 700

 スコッチ 6大ウイスキー
 アイラ  アイランズ  ローランド  ハイランド  スペイサイド キャンベルタウン

 世界 5大ウイスキー 
 スコットランド アイルランド アメリカ カナダ 日本

 その他、メニューブックを用意しております。

つれづれなるままに

カウンターのすみに、ブルーとピンクの 「カスミソウ」 を飾った。

もう少し季節が動けば、おちつきをくれる 「あじさい」 元気をくれる 「ひまわり」 もいい。

バーの薄明かりの中、明るい色彩があると、今が夜であることを忘れさせられるときがある。

posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Infomation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする