2018年05月05日

泥中の蓮

3日の憲法記念日では、憲法9条の必要性が重点協議され、国民の賛否も割れている。
持論を述べる気はないが、世の中の変化と厳しい制限の中で決まることは尊いものだ。

こんな経験はないかな。
会社で会議を早く済ませると、真面目にやったのかと言いだす上司。
ただ時間をかけたからといって、うまくいったためしはない。
むしろ、決められた時間で話の核心が充分に議論されていれば、過不足はないはず。

「議論が足りない」 「もっと考えるべき」 と繰り返す人ほど事情知らずで、先延ばしをする。
かたくなに反対し、理屈と議論にふけるだけで、印象操作で個人攻撃を繰り返す人は厄介となる。
個人的に右でも左でもないし、支持政党もないが、どこにも属さずに考えないと思考が偏るもの。
答えはひとつじゃないし、時代の状況で有する平和が答えであってさ。

「ノーベル平和賞」 候補に、北朝鮮の金委員長の名前が挙がっているが、おかしくないか。
数字的に説明をすれば、±0を普通におき、−10の悪名高き人物が、ボランティア活動をはじめたのを紹介され、±0の普通におかれて、善良な人物に表彰されるのは、どう考えてもおかしいだろ。
±0に+10するならわかるが、−10に+10をして、±0で表彰なんて前代未聞だよ。

まるで偉い人に見えるが、本来は真面目に±0から、スタートした人に贈られるべきじゃないか。
前進したことは認めるが、今の一歩ではなくて、その先の歩みなのにね。
その発想は 「元不良」 をテレビに出したり、本を出版したり、講演をさせたり、不良をもてはやす、あの風潮と同じで、本来は過去の蛮行は恥じて、欲望を断ち切るのが更生であってさ。

こういうのって、品や粋でなく、これまた硬派でもなく、実例で評価しないと目が曇る。
拉致問題に向き合わない国家に、ノーベル平和賞なんて、勘違いも甚だしい。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月04日

サーファー

大型連休後半。
彼は今ごろ、バリ島の高波でサーフィンを満喫しているのかな。

東京都出身、新潟市在住3年目となる、37歳男性の趣味は 「サーフィン」 
週末のシーズンには、朝早くクルマでウェーブスポットへ出かけ、昼ごろには戻ってくる熱の入れよう。

月に1〜2度、ジントニックを飲みながら、技の難易度や旅先のエピソードを語ってくれる。
老婆心ながら 「夢中になりすぎて、出会いと婚期を逃すぞ」 と冷やかすと赤ら顔で笑う。
そんな、あっけらかんな性格だから、どんな会話の波にも、軽く乗りこなせる器用さがある。

免税店で、スコッチウイスキー 「タリスカー」 を買ってくるという。
最初はウイスキーを飲めなかったが、今では 「ラフロイグ」 など個性の強い 「アイランズモルト」 にはまったところなど、潮の香りを好むのであろうか。

彼の仕事は大変だが 「自分に効き目のあるものはこれだ」 と思える趣味や特技がある。
そうすることで 「俺にはこれがあるから」 と、リラックスした気分を持てることは素晴らしいよな。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月03日

連休合間

2日 新聞を斜め読みした午後。

ずいぶんと薄くなった紙面をめくりながら、紙媒体は凋落の一途をたどるのではないかと思わされた。
それに折り込みチラシの量も少なくなった。

お店用の装飾花を買いに出かけた。
赤白ツートンカラーのカーネーションと紫色のスターチスを手にし、花瓶のデンファレと組み合わせた。
これから、花の色合いは、虹色を意識するようになるが、虹色といえば、万代のランドマークでもある 「レインボータワー」 の取り壊しが、8月下旬に決まったようで、景色にあれがなくなると味気ないな。

大型連休、中2日間の平日。
オフィス街は休日のようなゆるい雰囲気が漂うが、いい意味で連休の合間は気分転換になろう。

夕方のテレビニュースで、TOKIOの謝罪会見を見た。
日本人は社会的な標的を見つけると徹底的に批判を浴びせ、セコイ優越感を持つことを得意とする。
批判もしつこく、謝罪要求をしたり 「今日は何に対して感情的になろうか」 常に批判体質なんだ。
個人の不祥事は許されないが、グループとしてピンチをチャンスに変える好機を期待してやまない。

大型連休後半の前夜と翌朝は、往々にして移動日にあてられる。
お店へ向かう途中で降り出した雨に、今夜の客足は読み通りであった。
連休中はだらだらと続けず、時間通りにサクッと終わらせるのが潔さ。
今週は休日前であろうと、26時には看板を消し、6日は自由な時間と年齢相応な休養にあてたい。

今のところ、決まっているのはそれだけだ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月02日

平穏こそ

新緑の5月になった。

自宅近くのつつじも見ごろとなり、遊歩道のグリーンも鮮やかさが増してきた。
ラブラ万代の正面に、植樹されている木を見上げると、いつのまにか薄緑色の葉が生い茂り、体のいい日陰ができていた。

スーパーの青果売場は、ドリアンやマンゴーなどの涼しげな色彩が広がり、活力的な野菜の鮮緑色がひときわ強さを放っている。
見ているだけで、自然豊かな香りがただよってきそうだ。

去年の5月に妻が入院し、2週間ほどのひとり暮らしを余儀なくされた。
入院中は欠かさず面会へ行き、洗濯物や手続きに追われ、日々の食事は偏った惣菜弁当ばかり。
平穏な日常が如何に大事か、根源的な感情を呼び戻されたことしきり。

看病や介護は、経験した者にしかわからない。
だけど、人の気持ちを想像することはできる。
そこから何を学ぶかは、その人の人生だと思う。

ありふれた道を歩き、スーパーで食材を買い、自宅の冷蔵庫にしまっているとき、命の支えを感じる。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月01日

無題雑記 130

日曜営業の29日。

去年4月、長野に転勤したMさんが、連休前半を利用して、新潟の友人と4か月ぶりに来店。
実家は上越なので、そう会えないのだが、過去のつながりを背景に余暇を埋めに来てくれた。
その来店に合わせ、燕からSさんもお見えになり、会社とは異なる社会つながりを楽しんだ様子。

閉店後、カウンターでMさんと 「流れ星」 になったお客さんを述懐する。

振替休日の30日。

夕方5時までに野暮用を済ませ、同級生夫婦と個室居酒屋で過ごす。
われわれ世代、熟年と呼ぶには早すぎるが、男女50歳も過ぎれば、自分を粉飾したりしない。
その分、純粋な関係だけが、自然に機能していくものだ。

名残惜しくも、万代バスセンターで別れる。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする