2018年04月27日

未成熟

「TOKIO」 の 山口達也 (46歳) が、女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検された。

46歳にもなれば、そろそろ耳の後ろから 「加齢臭」 が出てきてもいい頃。
だが、臭気とは無縁の容姿を持つところが、人間は平等でないことを感じさせられる。 (くやしーい)

年頃の女の子は、ある日突然、おとうさんを 「くさい」 と、まるでアレルギーに反応をしたかのように、キライになる時期があると聞く。

個人的な推測ではあるが、加齢臭との因果関係があるのではないか。
男である以上、女に反応するが、倫理的に反応してはいけないのは未成年者。
その加齢臭とは、父と娘の禁断な関係を阻止するための、防衛臭でもあるんだ。

要するに、加齢臭を分泌することで、若い女の子を遠ざける役目をしていると考える。
つまりだ、大人は大人、年齢相応な恋愛と性をつかさどることを求められているんじゃないか。

米山元新潟県知事は、女性にコンプレックスがあったため、金品の貢ぎ物でしか、相手の気を惹けないタイプだったが、これも情けない中高年の姿とダブって見えた。
お金と容姿、肩書があれば、人の心までモノにできる錯覚に陥ったわけだ。

まあ、山口達也ほどの外見的な魅力があればモテるだろうが、はき違えたことは、自分の年齢と内面、恋愛の経験値も含めれば、気持ちのからむ相手でなければ、交われるはずなかろう。

ボクはアイドルグループの子とか、人もうらやむような見かけの美女に興味ないの。
自虐的にいえば、こんなルックスだから、おのれの身の程も知っているよ。

自身の年齢が上がれば、恋愛の女性年齢も上がるので、若さや年齢のギャップに恋することはない。
40〜50歳代で、そんなことに色気づいていたら、その恋愛感覚は 「未成熟」 だと思う。

だから、これからも加齢臭をバンバンと分泌し、若い女の子に遠ざけられる、安全なおやじでありたい。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする