2018年04月07日

無題雑記 126

8日は、複数でお花見を予定していたが、女性幹事の息子さんのお嫁さんが、その日が出産予定日にあたったため、あえなく宴会は中止することになった。

女性は同い年だが、お孫さんもいる友人も多くなり、晩年を意識せざる得なくなる。
当日の天気は思わしくなさそうだが、春雨が桜に煙る空気感だと、花見に風情がともなおう。

夕方は、テレビニュースを見ていることも多い。

連日、花見客で賑わう上越市で、元介護職員の43歳の男が、サークルで知り合った70歳の女性に、わいせつ目的で近寄り、殺害と放火の疑いで逮捕された。
その勤務態度は極めて良好で、道で会えば挨拶する、常識的で明るい人物と評価されていたとか。

昔は、日常の挨拶や勤務態度は、その人柄を判断する上で、重要な基準になっていた。
今は、DVやパワハラのような、性格の二重構造も多いらしく、何かのきっかけで性格が豹変する特質を知る時代で 「まさか、あの人が」 なんてことは、今はめずらしくもない。

大相撲の地方巡業で、土俵で挨拶をしていた市長が倒れ、観客として居合わせた看護師の資格をもつ女性が、人命救助をしてるのに、行司は 「女性は土俵から下りてください」 と場内放送をしたことで、世間は騒然どころか、呆れ顔だった。
今さら驚くなかれで、土俵の力士だけの問題でなく、あれが社団法人日本相撲協会の実態なのだろう。

北野たけしの事務所独立報道で、たけし軍団の弟子たちが、同じ内容の告発文章を自身のブログでアップし、師匠を擁護していた。
個人的に、北野たけしの独特の視点を交えた毒舌と社会風刺は好きだが、昔から軍団を引き連れて、援護射撃させるところは、少し幼稚じみていて、あまり好きになれなかった。

28年前、フライデー襲撃事件のときも、集英社に軍団を従えて殴り込みをしたけど、あのとき、たけしが単独で乗り込み 「おとしまえ」 をつけに行った方が、説得力あったし、何よりも男を上げたと思う。
それか、芸人なんだから、やるなら全員で座りこみで抗議をするとか、笑いも欲しかったよね。

こうして、側近が出てくるのもいいけど、北野たけしは 「尋常じゃないものを表現できる」 映画監督でもあるんだから、この騒動 「オレの問題におまえら出てくるな」 と一喝するぐらいの迫力は欲しいよな。

書くことが浮かばなかったので、夕方のニュースを思いだしながら、深夜、つれずれなるままに‥
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月06日

深夜の涙

深夜、自宅の冷蔵庫を開けたら、ビールがないことに気づき、近くのコンビニまで歩いた。

深夜まで仕事をする身にとって、看板の明かりは気分的な清涼剤となる。
世の中が寝静まっている中、ここだけが気軽に立ち寄れる場所だからね。

夜道、女性が歩く姿をたまに見かける。
仕事帰り、酒を飲んだ帰り、または仕事中なのかな。
見慣れた光景だが、不審者に見られるのは御免被るので、なるべく離れて歩くようにする。

ある日、泣きながら歩いている、若い女性を見かけた。
すれ違いざま、隣を通り過ぎたヘッドライトに浮かんだ顔には、涙がこぼれているように見えた。
彼氏とケンカして、部屋を飛び出してきたのか、悲しい出来事でもあったのか、いろんな瞬間がある。

昼に泣いて歩くことはできないが、夜であれば目立たないし、だれからも話しかけられることもないから、涙腺が緩んだんだろうね。
泣きたいことがあれば、我慢せずに泣いて、気持ちをリセットすればいいんだ。

男は人前で泣くことはないが、涙をスッーとひとすじ、静かに流すことはある。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

桜と伯母

3日 新潟市の 「ソメイヨシノ」 が開花宣言され、春爛漫と言いたいが、この寒暖差である。

朝霞の市営団地で、ひとり暮らしの伯母が86歳の誕生日を迎えたので、電話でおめでとうと伝えた。

体調を維持するのが大変だというが、頭脳明晰で、会話にも違和感なく、記憶力も高い。
昔の出来事もよく覚えており、子どもの頃のボクをよく語ってくれて、そのときだけは声のトーンが弾む。

新潟は母親の 「里帰り出産」 だったので、幼い頃から、東京と新潟を往き来していた。
住まいは新潟だが、東京への追想があるため、まとまった休みには、ひとりで遊びに行かせてもらった。

普通の子なら、遊園地や動物園、当時なら、東京タワーや後楽園球場など、東京の聖地に行きたがるはずが、ボクは自ら希望して、先に世話になった人に挨拶を済ませてから、自分の娯楽を求めたらしく、かたくなではないにしろ、出会いをおろそかにしないことにより、価値観は形作られたと思う。

青春貧乏な性格だったのか、味方には味方で尽くすところがあり、損得勘定だけで行動する人間とは、とことん馬が合わなかった。
こうして、少年時代の話を聞かされると、自分のルーツがわかってくる気がした。

伯母の団地の窓から、庭先を眺めると、古い時計台と樹齢の高い桜の木が立っている。
「 (誕生日を祝うかのように) 目の前の桜は満開になったの」 と聞くと 「今年は咲くのが早くて、今は葉桜になり、あと何回見れるかな」 と、心細くつぶやく。

http://jazzbar-gig.seesaa.net/article/269167905.html (朝霞の伯母)
http://jazzbar-gig.seesaa.net/article/454090680.html (凛とした伯母)

「急がず、その自然にまかすべし」
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月03日

無題雑記 125

夕方の県内ニュースを見ていると、キャスターの顔ぶれに変化があった。

街では、スプリングカラーが目立つようになり、新芽のような初々しい、新入社員も見かける。

八神純子コンサートツアーのチケットが届いた。
去年の公演がよかったので、今年も同じ顔ぶれで、クリスタルなキーを聴きに行くことにした。
http://jazzbar-gig.seesaa.net/article/451218183.html?seesaa_related=category

新潟市の開花宣言が間近となった。
開花の基準は、指定のソメイヨシノを目視で 「五分咲き」 だという。

人の笑顔、何分咲きという表現を用いる。

笑顔のある場所に、人は引き込まれるものだ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

無題雑記 124

一般的に、2日は新年度の初日ということもあり、目覚めの気持ちが違った。

組織に属してないが、長年の会社勤務で残った感覚といえよう。

土曜、妻の一言 「3月がんばったから、日曜はご飯を食べに行こうか」
大したがんばりでもないが、1月の大雪に辛抱し、2月の10周年記念で人の機微に触れ、3月の送別会シーズンに貢献できたとしたら、その言葉にやすらぎを感じた。

一通り、部屋の掃除を終えた夕方。
空気の入れ替えのため、半開にした窓から聞こえてきたチャイムの音。

ハッキリと音が聴きとれるようになった、春への移ろい。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

2018 April

               大人の時間をくつろぐ隠れ家

  < 4月 定休日 >

  1日 (日) 8日 (日) 15日 (日) 22日 (日) 30 (月)

  歓送迎会の二次会のご予約は、お気軽にお電話をお待ちしております

住所      新潟市中央区 東大通2−9−5 
電話      025−247−1644
営業時間   19:00 ⇒ 26:00 (平日・祝日) / 27:00 (週末・祝前日)
定休日     日 曜  
客席数     カウンター10席  ボックス席

 カバーチャージ  ¥ 700

   10周年記念 特別企画  2月20日 → 4月21日 

 デュワーズ12年 ¥6.500 (通常価格)  →  ¥5.000 (特別価格) で提供
 ボトルキープ期間  8ヶ月有効

 スコッチ 6大ウイスキー
 アイラ  アイランズ  ローランド  ハイランド  スペイサイド キャンベルタウン

 世界 5大ウイスキー 
 スコットランド アイルランド アメリカ カナダ 日本

 その他、メニューブックを用意しております。

つれづれなるままに

高田公園の桜が、早くも開花したという。

ありがたいことに、いくつか 「お花見」 のお誘いを受けた。
時と場所、人数も未定ながら、なんとなく集まろうやって感じ。

木陰で、桜の花びらがゆらゆらと揺れている様子を、真下から見上げるのも味わいある。
来週、再来週、花見日和になることを祈りつつ、何かとあわただしい日曜の午後に執筆。

花咲く時季 「 Waltz for Debby 」 が、頭の中で奏でる。

posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Infomation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする