2018年02月06日

無題雑記 118

また、大型寒波が予想されている。

5日 午前中の携帯電話に朗報が入っていた。
婚約中の男性客から 「今朝、某市役所に婚姻届けを出してきました」 と。
「肉声に勝る伝達力なし」 と、時間を見計らって祝辞を伝えた。

品薄の国産ウイスキー 「山崎」 が、イオンに数量限定で棚だしされていた。
当店の在庫が、残すところワンフィンガーだったので、迷わずに一本手にした。

95年 山崎の有名なキャッチコピー 「なにも足さない、なにも引かない」
「いい原酒を割るのはもったいない」 触れ込みながら、近年はソーダ割りを推奨しているほどだから、いつのまにか節を曲げて現金なものだ。

妻が台所の 「包丁の切れが悪くて困る」 と嘆いていた。
自宅の包丁とぎ器ではなく、店の砥石で研いてあげたら、新品のような切れ味となり感謝された。
料理は満足に作れないが、周辺のことなら少しは役立つようで、調子に乗って三本も仕上げた。

現在、理由があり、地元新聞と全国新聞の二紙を併読している。
月一単位の月曜日は、発行協定でもあるのか、休刊日が統一されている。
斜め読みながら、新聞を手にしないと、何となく日が抜けたような気がする。

静かな真夜中の雪道に 自分の足跡だけをつけて歩く、子どものような快感。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする