2017年12月14日

無題雑記 111

毎年、最強寒波というが、一体何回 「最強」 が来襲するんだ。

この寒波で、街が寒々とし、この時季にしては、買い出しのない日になった。

テレビをつければ、暗いニュースばかりで、日本人の心の闇でも映しているのかな。
パンダの赤ちゃんを見なければ、どんよりとした気分がまとわりつくようだ。

昼下り、手元の電話に着信が2件あり。
長いお客さんから、年末にかけての来店予定を告げていただき、ありがたいことである。

予定のなくなった、夕方。

HDに撮りためた映画 「マイルス・アヘッド」 (マイルス・デイビス・空白の5年間) を見た。
この手のドキュメンタリー作品は、麻薬、酒、女におぼれ、精神の不安定さばかりで、ストーリーとして、うんざりしているが、ジャズの表現領域を拡大したことは 「帝王」 の称号にふさわしい人物だ。
http://jazzbar-gig.seesaa.net/article/444853379.html

今年、劇場で見た映画は、高倉健のドキュメンタリー作品だけ。
見たい映画がなかったことに加え、時間を拘束されることが、腰を重くしているようだ。
http://jazzbar-gig.seesaa.net/article/445955282.html

こう寒いと客足が鈍るどころか、足引きが早まる。
それでも、深夜2時までは看板を灯しているので、辛抱して待つことも仕事になる。

その間 「エンリコ・ピアルヌンツィ」 の ライブ・イン・パリス を、聴き流していた。
清流のような表現美にスリルが加わった、ヨーロッパのピアノトリオアルバム。
http://jazzbar-gig.seesaa.net/article/372039007.html

その旋律にノセられ、丸氷を10個ほど仕込んだ。

これで、週末の準備は万全にしておいた。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする