2017年12月12日

無題雑記 109

11日 降水確率90%の午後。

タクシーの後部座席から、運転手さんと 「よもやま話」 をすること15分。
話は暮れの景況感に及び、大方は予想した答えだが、街の動きに敏感な職業に聞くと知るに早し。

先週末、夜11時を過ぎ、店からタクシーを手配しても空車がないほど、街は混雑していたようだ。
そのため、自宅まで歩いて帰る客もいれば、運よく手配をできた一台に、客同士が乗り合いをして帰り、まさにバブル全盛のような一幕もあった。

日常、ひとりで乗る機会もあるタクシーだが、言葉をぞんざいにあつかわず、車内の空気感が合えば、会話で間を埋められるもの。
思えば、バックミラー越しに、運転手さんと気軽に会話をできるようになったのは、いつ頃だろうか。

半人前の若僧が 「景気はどうですか」 なんて言えば、お里が知れるだろうし、それなりの成熟年齢になれば、話に気負うことなく、相応の会話をできるようになるものだ。
限られた乗車の距離と時間なら、気持ちよく過ごしたいからね。

今夜は週末の反動なのか、タクシーは空車が目立っているらしく、当店も暮れらしからぬ、事前準備で終わったような、客足の鈍さを痛感した。

12日 「雪マーク」 だが、この天気予報、どうなることやら。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする