2017年11月25日

プロの主婦

食材の買い出しが、気分転換になっている。

ボクはメモした商品をカゴに入れるだけだが、主婦は考えながら買っている様子がわかる。
料理に必要な材料や分量、味つけや調理時間など、その場でレシピをつなぎ合わせられる。

かっこいい主婦は、調理技術を表に出さず、いともかんたんに料理を作り上げる。
もちろん、下準備など、表面的にはわからないこともあろう。

それでいながら 「塩加減はどう」 「味は濃くない」 と、食事の合間にサラッと聞ける余裕が、これまた憎いんだよな。

そんな 「プロの主婦」 が集まる売場の真ん中で、メモ片手にオロオロしてるオレなんて、浮いて見えるだろうし、総菜売場の弁当を選んでいる姿の方が、似合っていると思う。

週末になると 「来週は何を食べたい」 と聞かれる。
答えるのは勝手で、炭水化物、脂質、糖質など、一切おかまえなく、適当に思いついた、カレーライス、ハンバーグ、ミートソース、オムライス、かつ丼などの 「お子さまメニュー」 を口にする。

すると 「本当に考えているの」 「あなたいくつなの」 と言われる。 
じゃあ 「のっぺ」 とか、郷土料理をリクエストして、神戸出身の妻を困らせることもある。
もともと、体育会系の男飯体質だから、つべこべ言わずに食べるので、かんたんな亭主であろう。

毎日の献立に、頭を抱えている主婦は多いと思うが、料理を作れる人は尊敬する。
男は胃袋を掴まれたら、弱い生きもので、腹を満たされたら、やさしくもなるよ。
それに、空腹を満たすだけの食事とは違い、そこにひと手間加えられたら、なおさらのことだ。

そうそう、ボクの得意料理は 「具たくさんの薄皮春巻き」 だけど、だれも信じないだろうな。
店のおしぼりを巻いているうちに、いつのまにか 「巻き」 に磨きがかかったと思える。

「かんぴょう巻き」 が好きだから 「巻き寿司」 にも挑戦したいと‥  だれも聞いてねえし。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする