2017年11月04日

Freedom

会員制交流サイト (SNS) の暗部が、社会問題になっている。

極端な例ではあるが、匿名性があり、便利さや気軽さを追求したあまり、判断の衰退まで促している。

私生活、SNSを必要としない。
会いたい人には、会いに行くし、用事があれば、電話をする。
電話番号だけでいいし、アドレスを要する関係は稀有である。

誤解してほしくないが、古いタイプながら、かたくなではない。
つきあいの基本軸を、シンプルにしているだけで、人間関係に困ることもない。
ツイッター、フェイスブック、グループライン、友達申請に 「いいね」 もしない。

孤立しないかって‥  するわけないじゃん (笑)  知り合いと仲間、友だちは違うんだから。
頭が固いんだから‥  そう思われても結構 (笑)  人生をおもちゃに振り回されたくないもん。
話があるのなら、きちんとした日本語で、面と向かって言えばいいだろ。

よく考えてごらんよ。
言葉を持っている人は、短文投稿しないよ。
それは、心情を吐き出しているだけで、特別な意味はもってないでしょ。

極言すれば、判断さえも狂わせてしまい、言葉を持たない浮遊感にそまる。
それでも、やらざる得ない時代となり、いづれ常態化するかも知れないが、ボクは交流サイトを介した、おつきあいをなじめないのは、身近の大切な人と向きあっていたいから。

やたらと知り合いを広げても 「形骸化ネーム」 を、いたずらに増やしているだけだろ。

その代わり、ボクは 「心の自由」 を手にしている。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする