2017年08月13日

初 盆

「初盆」 となる、わが家。

和室の遺影に、メロンと桃、梨にキュウイ、ドライフルーツと花をお供えした。

新潟県民は、お盆 「13日」 を、家で過ごしていることが多い。
「この日ぐらいは、墓参りをして、家にいないと」 そんな真面目な県民性を感じる。

東京在住時、同僚に 「盆はどうするの」 と聞くと 「たまには帰ってこいと言われてる」 そんな返答が多かった。

お盆明けの昼休みになると、女子更衣室からは、廊下にまで響くほどの高らかな声と大きな笑い声が、旅の思い出とともに聞こえてきた。

一方、ガランと静まり返った、白昼のオフィスでは、デスク越しに 「最近、一人暮らしのおふくろが‥」 そんなため息も聞こえるようになり 「ああ、わかるよ、笹団子でもどう」 と空中に放る。

慣れない笹の皮をむきながら 「えっ、新潟なの‥」 と聞かれ 「何の変哲もない、新潟市内だけどさ」 他愛もない言葉をとりかわす、そんな夏もあったりね。

お盆が過ぎると 「望郷の悩み」 も増えてくる。
http://jazzbar-gig.seesaa.net/article/441006904.html

今では 「家族の峠」 を看とり、もうすぐ一年が経つ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする