2017年08月09日

台風5号

8日 台風5号の進路が、新潟へゆっくりと向かっていたので、午後の窓から、空を覆う雨雲を見上げ、木々の揺れを見下ろした。

予報によると、早ければ午後9時ころには新潟市を通過するらしく、今夜は大粒の雨が降りしきる中で、営業を行わねばと思うと、気が滅入ってきた。

真夏の台風は、気圧配置や偏西風の影響により、予想進路が定まりにくいといわれる。

そんな、新潟への直撃を心配してか、関東圏の親しき間柄から連絡が入った。
自然現象による、災害予測地域になると、旧交の連帯感が動くことがある。

ゲリラ豪雨の危険性もはらんだ、台風5号は迷走を続けた上、新潟市には大きな影響を与えることなく、深夜には静かに北上して、次第に温帯低気圧に変わるであろう。

営業を終えて帰る頃には、もうすっかりと雨が上がり、台風一過の澄んだ空気に変えていた。

しばらく、巻き返しの風と雨雲は停滞するだろうが、10日ころからは、また太陽光が降り注ぐ真夏日が、容赦なしに続くだろう。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする