2017年08月06日

午後の音

5日 エアコンのタイマーが切れて、蒸し暑くなりはじめた、正午の寝室。

部屋の窓を全開にし、光と風をとりこみ、寝覚めのベッドから、雲ひとつない夏空を見て過ごしていた。

ときおり、いい風を浴びながら、目を閉じていると、さまざまな音を耳にできる。

上空からジェット機の轟音、港からは船の汽笛、コンクリートごしのクルマの反響音。

学校の校庭からはテニスボールを打つ音、マンションのベランダからは洗濯物を干す音。

高い木の茂みからはセミの鳴き声、建物から建物に移動するたびに発するカラスの鳴き声。

窓を開けていないと耳にできない、夏限定の音に包まれている。

こうしていると、自分の体の鼓童まで聞こえてくるようで、少しリラックスできる、午後のひととき。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

暑中本番

4日 気温35℃の炎天下を歩くこと20分。

遠くのアスファルトが、少し揺らいで見えた。
そうだ、去年のこの日も、照り返した道路を、ひとりで歩いていた。
http://jazzbar-gig.seesaa.net/article/440783483.html

新潟まつりの初日 「大民謡流し」 を、6時間後に控えた街のざわめき。

新潟市役所が古町地区 「NEXT21」 へ移転するまで、あと10日。
その時代の構想あれど、今回の移転により、新潟市の都市開発にグランドデザインはなかった。
結局は、街の中心機能が強化されないと再生されず、点を線でつなぎ、面で活性化させる商業構想は、戦略的ではなかった。  (あっ、こんな硬い文章にするつもりはないので、元へ戻す)

民謡流し終了後、昔のように浴衣姿で立ち寄る人も減り、今は着替えてくる人が大半を占める。
ひたすら、新潟甚句を踊ることに疲れた、女性客の耳に 「ボサノバ」 は心地よかったようだ。
暑さと酔いに湯気だった赤ら顔で、うなじにそったピンクの素肌が、大人の艶めかしさを感じさせる。

日付は変わり、5日は 「市民神輿」

多くの担ぎ手の粋や鯔背が、夏本番の青空に響き渡り、新潟の暑中見舞いとなるであろう。

夏・本番 「 Jazz Bar GIG 」 からも、皆さまへ 「暑中お見舞い申し上げます」  m(__)m
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

White Love

テレビから 「はてしない」 の歌詞が流れない日がないほど、女性議員の不倫報道は過熱している。

国会議員にとって、異性スキャンダルは致命的となる。
ゆえに過去、表沙汰になっていないだけで、女性問題をお金で解決したり、握りつぶしたり、既成事実を封印した議員もいたはずだ。

昔、こんな話がある。
ある会社の肩書を持つ男性が、夜の街角でひとりの女性と出会った。
お相手はクラブのホステスで、めずらしく気が合い、男女の関係になるまで遅くはなかった。

最初、女は 「男の火遊び」 として、気持ちをとりあわなかったが、男はそうでなかった。
男女は独身、男は将来を嘱望され、半分はエリートコースに乗っていた。
会社の幹部からは 「おまえの将来、プラスにはならないから、夜の女とは手を切ったほうがいいぞ」 と忠告をされたが、男はひとりの女を幸せにすることを選んだ。
偏見の強かった時代、打算的な肩書に恋々とするより、こういう男は信用できる。

心が動いてしまうから、人は人であるといえる。
人は近くにいる人を好きになり、自分と似た人を好きになる傾向があるから、理性と感情が衝突したら、感情が勝ることが多かったりするもの。

今井議員のお相手の橋本市議にしても、彼女が好きなら、記者会見でこう言えばいい。
「大筋は事実ですので、議員バッチを外し、今後は一民間人として、彼女にプロポーズをしていきます」 

世間はポカーンと呆気にとられるが、その気持ちに過不足はなく、ボクはスカッとするけどね。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

イケおじ

昼下がり、何となくつけた、テレビのワイドショー。

そのコーナーで、女性が一緒にお忍び旅行へ行きたくなる、50歳以上の 「イケおじ」 俳優ランキングベスト10を特集しており 「世の女性は、だれを選ぶのかな」 と興味本位で見ていた。

順不同ながら、草刈正雄 (64) これは反則だ。
頭にのせているのは、周知のことでも、それを差し引いても、この人 「奇跡のイイ男」 だからな。

筆頭は、阿部 寛 (53) で 堤 真一 (53) 仲村トオル (51) と続き、他には、高橋克典 (53) 椎名桔平 (53) 唐沢寿明 (54) 佐藤浩市 (56) がランクイン。
ボクと同じ 「1964年生まれ」 は4人もいて、神様は 「見た目年齢」 を平等にしないよな (T_T)

今の 「53歳」 は、若い頃 「硬派」 と 「軟派」 が、ハッキリと入り交じっていた世代だ。

軟派は、女の子にモテることしか考えず、テニスラケットにカフェバー、クルマにシーサイドミュージック。
ひどい野郎だと、寝た女の人数を競い、平気で実名をあげ、秘かに仲間と鼻の下の長さを自慢し合い、これを 「モテっぷり」 と勘違いしてるから、始末が悪い。
困ったことに、女の子も遊ばれているのに 「私だけにやさしい」 と思い込んでいる。

そんな、軟派は大人になっても、女ズレした言動は変わらない。
だから、尻軽の女には人気を得るが、凛とした女や硬派な男からは、評判はよろしくない。

逆に、硬派は男の仲間を大切にするが、恋愛経験が少ない分、いかんせん 「女心」 がわからない。
男から人気のある男は、友情や仁義を重んじるから、人情や信頼度には厚いが 「俺についてこい」 と女に豪語する割には、どこに連れて行こうとするのか 「情熱の行方」 がわからなかったりさ (笑)

まあ、軟派は 「網打ち」 硬派は 「一本釣り」 どちらが理想を釣り上げるかは、男の器量だろう。

そう考えると女性が選んだ 「イケおじ」 なんて、ルックスのことで 「男が選んだ男ランキング」 こそ、本当にモテる男なんだろうね。

昔から語られていることで、モテる男はゲイや高齢者から人気があるという。
それは見せかけだけでなく、積み上げられた人の魅力を見抜ける眼力があるからだと思う。

さて、男性が一緒にお忍び旅行へ行きたくなる、50歳以上の 「イケおば」 女優ランキングがあれば、ボクはだれを選ぼうかな‥

なにかしでかしそうな、期待と不安、そして好奇心を込めて 松居一代 (60)‥  いいかも  (-.-)
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

窓の景色

31日 テレビのチャンネルを切り替えたら、昭和を代表する作詞家 「阿久 悠」 (故人) が手がけた 「永遠に愛される歌謡曲」 を特集していた。

モノの数分しか見てないが、沢田研二の名曲 「時の過ぎ行くままに」 の歌詞に味わいを感じた。

その一節 「もしも二人が 愛せるならば 窓の景色も 変わって行くだろう」 の心情と描写力。

「窓の景色が変わること」 が、二人行く末の胸中を語っている。

名曲には、時の移り変わりがわかる、現在 過去 未来のストーリー性がある。

それこそ、寂しいと書いても、心のありようはわからないし、その寂しさは伝わりにくいだろう。

退廃的な歌詞ではあるが、そんな寂しさをあらわす 「窓の景色」 の描写が印象的な歌なんだ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

2017 August

ジャズとウイスキーを愉しみ、大人の時間をくつろぐ隠れ家

< 8月 定休日 >

  6日 (日) 13日 (日) 20日 (日) 27日 (日)

  ※ 11日 (金) 通常営業いたします。

住所     新潟市中央区 東大通2−9−5 
電話     025−247−1644
営業時間   19:00 ⇒ 26:00 (平日・祝日) / 27:00 (週末・祝前日)
定休日    日 曜  
客席数    カウンター10席  ボックス席あり (電話予約をお勧めします)

 取扱いメニューの一部をご紹介いたします

 【チャージ】  ¥600   ー ボトルキープも行なっております −

 【ビール】 ・ハートランド ・クワーズ ・コロナ ・ギネス ・シメイ ・デュベル ・ヒューガルデン 他

 【アイラ】 ・ラフロイグ ・カリラ ・ブナハーブン ・アードベック ・ラガヴーリン ・ポートシャーロット 他

 【スペイサイド】 ・クラガンモア ・マッカラン ・グレングラント ・ロイヤルロッホナガー ・ダルモア 他 

 【ハイランド】 ・グレンモーレンジ ・タリスカー ・オーバン ・スキャパ ・グレンドロナック 他

 【ローランド】 ・オーヘントッシャン ・トバモリー ・グレンキンチー ・レダング 他

 【キャンベルタウン】 ・スプリングバンク ・ヘーゼルバーン ・ロングロウ 他

 【スコッチ】 ・デュワーズ ・シーバスリーガル ・バランタイン ・オールドパー ・グラント 他

 【アイリッシュ】 ・ブッシュミルズ ・ジェイムソン ・カネマラ ・ターコネル ・ダニーボーイ 他

 【バーボン】 ・ブッカーズ ・ベーカーズ ・ノブクリーク ・バッファロートレース ・エズラブルックス 他

 【ジャパニーズ】 ・知多 ・余市 ・宮城峡 ・伊達 ・山崎 ・白州 ・響 ・イチローズ 他

 【カクテル】 ・ミントジュレップ ・ゴッドファーザー ・ラスティネール ・ロブロイ ・アレキサンダー 他

 【フード】 ・オリーブ ・オイルサーディン ・ピクルス ・レーズンバター ・ピザ ・パスタ 他

                              メニュー表 ご用意しております。

つれづれなるままに‥

日中 部屋の窓から、夏空を見上げているときがある。

角松敏生 「シーライン」 なんて、どうよ。

新潟は、いつまでも梅雨明け宣言しないから、もう、オレがする。

「はい、開けた」

明日から、灼熱の猛暑日が続き、お盆が過ぎたら、夏よ‥ さっさと去っちまえ。

オレは、夏がキライだ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Infomation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする