2017年06月20日

情緒満開

空梅雨らしい。

自宅近くの紫陽花の成長が遅れている。

その分、過ごしやすいが、それが野菜の高騰や水不足など、生活環境に影響を及ぼしかねない。
何ごとも、そこそこ、ほどほど、そんな塩梅がいいね。

毎年、この時期になると、某ホテルより、花火大会の観覧席の案内状が届く。
いつからか、新潟まつりは曜日開催になったので、最終日の花火大会だけは見物できるようになった。

とは言っても、観覧席で見物をできたのは、家族が丈夫なときであって、以後は何年も特養介護施設で車椅子を押しながら見せていたリ、ここ数年は病院の面会時間の帰りに、萬代橋を歩きながら、背中で大輪の音を感じているだけで、情緒に取り付く島もなかった。

だから、花火を見ながら、枝豆と焼鳥をビールのアテにした 「情緒満開」 は、もう遠い記憶になった。
家庭は、それぞれの夫婦の家族の流れを汲んで生活してるから、理想の姿形とはカンタンにいかない。

家族や友人でもいいが、おごそかに花火を見て、過ごせる時間は限られてくるし、次第にその輪からも大切な人が消えて行くので、花火同様にその姿は儚いんだ。

情緒にまつわる風景は、家族にとって永遠ではないので、出来る限り大切にしていきたい。

今年は空梅雨の影響で、シーズンがずれ込み、新潟まつりに大雨なんてならなきゃいいが‥
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする