2017年06月03日

台所修業

2日 午前10時ころの、荒れ狂った天気を知ったのは、寝覚めの正午。

バスで往復する先があり、午後4時前には、万代へ戻ってきた。
肌寒かったので、ホットコーヒーを注文して、近場で買い物を済ませて、帰宅したのが夕方5時。

妻に志願したのは、初めての 「春巻き」 作り‥  いや、正直に言えば、初めての台所料理である。
具に使うキャベツと玉子、ひき肉を春巻きの皮に包み、水に溶かした小麦粉で閉じるのだが、巻き方が上手にできず、ふぞろいの10本に仕上がった。

それをフライパンの油で3回に分けて、10本を揚げる。
しかし、最後の一本だけ、よく水分を飛ばさずに具を押し込んだから、皮が破裂して勢いよく油がはね、右の薬指を直撃し、思わず 「あっちぇー」 と叫んで飛びはねた。

するとすかさず、妻がフォローに入り、想定内のアクシデントに対応し、第一回 「男の料理教室」 は、波乱の末に終了した。

そんな薬指にメンタームを塗るよう言われたが 「向う傷は勲章、気合で治すんじゃ、ファイヤー!」 と プロレスラー 「大仁田厚」 ばりに叫ぶと、いつものことのように呆れられた。

この日、初めて自宅の台所で 「料理らしい料理」 を作ったが、台所修業 第一弾 作品 「春巻き」
破裂覚悟であれば、いつでも作ってやるよ。

第二弾は 「カレーライス」 でも、教えてもらおうかな‥
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする